2017年1月 8日 (日)

早速Gallinaシートカウル修理

昨日今年の抱負を上げたところですが、

早速日曜午前にちょっとできた時間で
TGA6S1のシートカウル割れの
修理を試みました。
Img_4369
サニトラに載せるとき
ちょっと倒してしまって
荷台の壁に押し付けられて
割れてしまった
シートカウルですが、
ここ最近、割れが進行し
表面が一部剥離してきたので
これは手を入れないとならない。
ということで
Img_4371ソフト99の
FRP補修入門キットを利用。
実はやろうやろうと思って
数年前に購入してはいたものの
なかなかやる気になれずにいた。
さすがに破片が行方不明になってしまうと
修理も大変になりそうなので、
今手を打たなければということで
引きずり出してみました。
樹脂が大丈夫なのかとても心配でしたが、
一応流動性は保っていたので大丈夫だろうと。
ただ、10℃以下では硬化に時間がかかるということなので
うちに持ち込んで修理です。
Img_4373表面の破片を押さえつけながら
こちらは樹脂材だけを塗って
貼り付けてみます。
でももともと曲面で
何らかの応力を受けながら
面ができていたものなので、
すんなりと面が出てくれません。
なので、ヒートガンで少し温めて
硬化を促進しながら押さえつけて形状を出します。
その後、裏面に樹脂を塗ったくって
グラスウールシートを押し付けて
樹脂を染み込ませ、
さらに樹脂を塗って少し大きいシートを貼る。
取説通りの仕事をしてみて
Img_1002
一応ひっつきました。
ちょっと樹脂とグラスウールシートが
飛び出しているのはご愛嬌。
と言いたいところなのですが、
ここって結構手が当たるところなので
チクチクは嫌ですから
リューターで形状を出しました。
Img_4375_2ちょっと痕は残っていますが
割れは改善しました。
これでスタンドをかける時も
ミシミシにドキドキする必要が
なくなります。
今年の修理その1完了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 7日 (土)

あけましておめでとうございます2017

あけましておめでとうございます

ちょっと遅れましたが。
Img_0999
今年もよろしくお願いします。
去年は本当に乗れませんでした...。
なので、今年はと言いつつ
サラリーマンであることは変わらないので
去年よりはきちんと乗ろうと思います。
昨年中と思っていたGallina TGA6R1の
オリジナルカラー&グラフィックへの復元も
ちょっと持ち越してしまったので、
それをまず片付けて
今年は2回はサーキットに持ち込もう。
TGA6S1の方は、シートカウルの割れもちょっと気になるのと
このところ乗りっぱなしの感じなので
少なくともシートカウル周りの割れは
これ以上広がらないように少し手を入れよう。
DRはその分乗ろうかな。
今年もV-stromミーティングあるのかな?
またお邪魔しに行きたいけど。
今年はDR車検だから、
メーターがちょっと多めに出るのは直したいけど。
モンキーR...、去年は結局エンジンかけられなかった...。
今年こそ!
って、新しいことは何もないけど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月16日 (日)

秋の晴れ間に

あら、どうもiPadの調子が良くない様だ。

ともあれ今年はバンドに明け暮れてと週末の天気に恵まれなかったので
あまり乗れてなかった。
それ以上に先日のキャブ脱落エンストの原因がはっきりしないので
距離乗るのに二の足を踏んでいたんですけどね。

でも今日はと思い立って宮ヶ瀬へ。
今年走行会もなかったので活躍していないツナギにも風を当てます。

Gallinaを拭いて、チェーンルブを程よく与えて発進。

久しぶりなのでゆっくりと流し徐々に感覚を戻していきます。

鳥居原には知り合いもいなかったのでコーヒー一本で帰り道。

途中DT200にTDM80の車体を組み合わせたマシンと遭遇。
お互いにちょっと手を挙げて別の道に進む久しぶりの感覚。

秋の涼しい空気に気持ち良く回るエンジンを楽しめたチョイ乗りでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月12日 (日)

緊急停止

程よく風吹く土日でした。

その日曜の昼下がり、
久しぶりにGallina TGA6S1に火を入れ
久しぶりに宮ヶ瀬にでも行こうか、
とエンジンをかけて出よう
と思ったら、ちょっと始動性が良くない。
でもそのあとはとりあえず普通に回り出すので
様子見ながら行くかといつもの橋に向けて
ちょっと気合を入れてスロットルを開けると
グモモっとちょっとくすぶる。
でもその後スロットルを戻して再び開くと
普通に走行するし加速もする。
なのでやはり様子をみようかと
橋を渡って国道に入って
赤信号から加速しようとした途端
グモモモ〜っとストール。
久しぶりだ、というか
自分のバイクでこうなったのは初めてだ。
しかもその後ガソリンは来ているようなのだが
火がつかない...。
その場で車両を確認してみると、
どうもエアクリーナーの位置がいつもと違う気がした。
なのでタンクを外してみると、
なんとキャブがインマニから落ちているではないですか。
どうもタンク後ろの爪がサブフレームにかかっておらず
キャブに直に乗ってしまっていたらしい。
それによる二次エア吸い込みで
程よく負圧が生じた時に希薄になっていた模様。
とはいえキャブをその場で戻してみたが、
1発の爆発を最後に息をふきかえさなかった...。
って、川向こうまできてしまったところでの
エンジンがかからない状況。
Img_3452天気が良くてよかった。
日差しが程よく優しくてよかった。
気分はバックストレートから
鈴鹿を半周してピットに帰る
ケビン・シュワンツw
とりあえず川向こうが
台地の上だったので、
基本下り坂だったのが幸い。
タンクに満タンのガソリンを
恨めしく思うことは
あまりないが今日は別。
でも怪鳥に比べると50kgは少ないので。
途中田んぼの中では、
通りすがりのアルトワークスのお兄さんに
「ガス欠〜?、なんかいいバイク押してるから」
と声もかけてもらえましたが、
ちょっとよくわからない症状でのエンストなので
次週以降じっくりと取り組んでみましょう。
ここのところ整備ほどほどで乗っていたので、
そろそろ手を入れてくれよ
というバイクの訴えなのかもしれません。
ちょっと反省。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 8日 (日)

Gallina TGA6R1復元ちう

連休でした。

今年もまたカッティングシートと格闘です。
Img_3295そうです、
再びTGA6R1です。
紫色に塗られていたものを
一旦きれいに剥離して
FRPの補修をしてもらいました。
塗膜を落としてみると
見かけ以上に損傷していたとのことで、
見積もりよりちょっとかかってしまいましたが
きれいにオリジナルのオレンジ色が復活。
それに当時のTGA6R1のグラフィックを
なるべく再現しようとしています。
厳密にはロゴの大きさとか多少違うんですけどね。
Img_3297昨年作った
タンク上のスペックシート
ロベルト・ガリーナの
サインのインレタは
そのまま使います。
ちょっと曲がっているのはご愛嬌。
Img_3298サイドの
オイルクーラーの
アウトレット部は
つや消し黒のシートを
貼らないとならないです。
あとGallinaのロゴの下に
シルバーのラインを2本入れる予定。
空気抜きの穴はまたちまちま開けないとw
Img_3296 今回もまたちまちま文字を
入れました。
これを作るのが
一番大変だったりします。
もともとのシルバーより
ちょっと黒が濃いらしいですが、
そのおかげで黒いホイールとも
案外合うのかも。
でもオリジナルはオレンジのホイールなんだよなぁ。
別途準備ちう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月24日 (日)

Gallina TGA6S1車検

昨年からあんまり乗っていないなぁー

なんて思いながらも車検は必ずやってくる。
なので、日曜の朝に
いつもお世話になっている
ハヤシカスタムへ持ち込み。
LEDに変えて消費電力を落とした
ヘッドライトながら、
どうも焦点がきちんと合わないため
再度通常のハロゲンバルブに戻して
お願いします。
排気音が大丈夫なのかも
ちょっと心配。
なのでもしも音量オーバーならば
グラスウール巻き直しもお願いしながら
車検に臨みます。
なので、今ハヤシカスタムに行くと
Gallina TGA6S1とR1が見れますw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 6日 (日)

Gallina TGA6R1再び

土曜日は啓蟄だったのですね。

私の走りたい虫は疼いたものの、
今年やらなきゃならないことの一つ
昨年の走行会での転倒傷をそのままとしている
Gallina TGA6R1を再び走れるようにしないとなりません。
Img_3005よーく見ると
ステップが変な位置にありますが、
折れてます。
で、左側から転んだので、
カウルも擦り傷があります。
特にシートカウルは
前側の取り付け点あたりで割れてしまっているので
根本的な修理が必要です。
で、この際オリジナルのオレンジ色に戻そうと
思っていますので、全塗装をしよう。
それに向けてカウル表面のステッカーを剥がします。
Img_3006ある意味貼りたてなので
それほど剥がすのには
苦労はしませんでした。
一応ヒートガンで
温めながらはがすと
結構早く剝がせます。
唯一このカウルに多数開けられた
冷却穴周りだけは
カッティングシートが弱いので、
剥がすの苦労しましたが。
おおよそ3時間の格闘の後、

Img_3007

綺麗になりました。
で、ハヤシカスタム経由で
カウル修理と全塗装を
お願いします。
どれくらいで帰ってくるかはありますが、
今度はどんなグラフィックにしよう。
オリジナルの銀文字をベースにしたいけど
今年もSUZUKIが側面に
はでにSUZUKIの字をあしらったグラフィックなので、
銀文字でそんな感じをやってみようかな。
また楽しみながら考えてみよう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 4日 (月)

2016年 あけましておめでとうございます

2016


あけましておめでとうございます。
遅ればせながら。

昨年はGallina TGA6R1をなんとか走らせる
ということは満足できたものの、
富士ショート5周で終わってしまいましたので、
今年は再び走らせたいですねぇ。
しかもオリジナルカラーで。

とりあえずFRPの補修と塗装をR1には施して
後のグラフィックは自分でやろう。

TGA6S1はブレーキとかをメンテしないと。
そろそろ後ろのパッドも無くなるので。
一回フレームもピカピカにしたいなぁ。
傷のチェックも兼ねて。

DRはとりあえず元気ですが、
しばらくロングツーリングにでていないので
せめて秩父界隈のツーリングくらいはやりたいな。
これも細々と掃除しないとならないですが。

で、申年なのでのモンキーR。
去年はエンジンかけられなかったので
今年はなんとかかけよう。
あと、バルブ周りをきちんとチェックしよう。
なんか圧縮抜けしていそうなので。
ピストンリング周りかもしれないけど。

と走るよりいじる年にしないとならなさそうな雰囲気ですが、
穏やかな天気の週末がくることを祈ります。

今年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月23日 (水)

リチウムイオンバッテリー

連休も今日までで、
ほとんどはカミさんの結婚式出席の手伝いでしたが
家に帰ってから
LEDヘッドライトとしたGallinaに
リチウムイオンバッテリーを搭載しました。
Img_2301 Amazonでクリックした
カリフォルニア製のものらしい
リチウムイオンバッテリー。
高さは元のバッテリーに対し
半分強の大きさで
下駄を履かせて
高さを同じくして結線します。

重さの比較は写真に撮れませんが、

むちゃくちゃ軽くなります。

サブフレームの後ろ端に搭載されているので、
バッテリーの軽量化は
フレームへの負荷低減に役立つと思われます。

トラクションは乗員体重の方が支配的でしょうから
特に変わりは無いと思います。

とりあえずエンジン始動は問題なし。
今日は近くをちょっと走っただけでしたので
とりあえず普通の鉛蓄電池と同様に使える
気がします。

あ、ヘッドライトの照明範囲も、
今日はトンネル走行などもなかったので
インプレはまた別の機会に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月19日 (土)

そこに光あれ

連休です。

ちょっと時間ができてしまったので
先日購入したLEDヘッドライトを

Gallina TGA6S1に装着します。

TGA6S1にはFZRのプロジェクタを
装着していますので、
ほぼ専用バルブが使われており
それに合わせた金具の作成が必要。
Img_2257
なので、バルブのソケット周りの
プレートの型を紙で取り、
それに合わせて
LEDライトキットに
入っているH4用などの
マウント金具を
切り刻みます。

リューターの砥石板で削りながら
板の形状をなんとか合わせ込みます。

Img_2273 結局、
三本の爪を合わせる
って感じで、
平面部を変形させるのは
さすがに断念しました。

Img_2274 で、フランジの代わりに
ゴム板を切って挟んで
バルブ周りの
シール代わりにします。
2個同様の作業で
マウント金具を作ります。

で車両装着のために
配線作業になるのですが、
バルブにもともと付いていた配線と
FZR用のバルブのコネクタが
異なることに気がつき
結局ギボシ端子に付け替えます。

でもバルブの端子って
H4だろうとFZR用だろうと
共通の配列なのですね。
バルブを端子側から見て
頂点がLo電源、
9時の位置がGNDで
3時の位置がHi電源なのは共通でした。

Img_2278 最後は現物合わせで
端子合わせはするのですが。
で、装着前に点灯試験。
実はこの直前に片方が点かない
状況があったのですが、
ギボシをしっかりつけるつもりで
小さめの圧着口で締めたら
GND線が片方断線してた
というオチで、配線し直ししています。

で、無理やりライトハウジングに装着。
Img_2279 左側はスピードメータ
ケーブルと干渉
右側はブレーキホースと
冷却ファン部が
干渉気味ということで
フロントブレーキのバンジョーを
ちょっとずらしたりしています。

Img_2281 とりあえず
きれいに点灯しては
くれています。
本当に明るいかどうかは
今日は試走はできなかったので
後日の報告にします。

Img_2282 Img_2283

左がLoで、右がHi
一応結構はっきりと
カットラインがでてくれているので
対向車にも眩しくないことを期待。
構造的に簡単なのですが、
もしかしたら古いガラスレンズタイプは
うまく焦点がごまかせるのかも
なんて思いながら。

これでバッテリー電圧が十分確保できれば
軽量化リチウムバッテリー化です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧