« V-strom ミーティング2016 | トップページ | 今年の夏は走れないかなぁ »

2016年6月12日 (日)

緊急停止

程よく風吹く土日でした。

その日曜の昼下がり、
久しぶりにGallina TGA6S1に火を入れ
久しぶりに宮ヶ瀬にでも行こうか、
とエンジンをかけて出よう
と思ったら、ちょっと始動性が良くない。
でもそのあとはとりあえず普通に回り出すので
様子見ながら行くかといつもの橋に向けて
ちょっと気合を入れてスロットルを開けると
グモモっとちょっとくすぶる。
でもその後スロットルを戻して再び開くと
普通に走行するし加速もする。
なのでやはり様子をみようかと
橋を渡って国道に入って
赤信号から加速しようとした途端
グモモモ〜っとストール。
久しぶりだ、というか
自分のバイクでこうなったのは初めてだ。
しかもその後ガソリンは来ているようなのだが
火がつかない...。
その場で車両を確認してみると、
どうもエアクリーナーの位置がいつもと違う気がした。
なのでタンクを外してみると、
なんとキャブがインマニから落ちているではないですか。
どうもタンク後ろの爪がサブフレームにかかっておらず
キャブに直に乗ってしまっていたらしい。
それによる二次エア吸い込みで
程よく負圧が生じた時に希薄になっていた模様。
とはいえキャブをその場で戻してみたが、
1発の爆発を最後に息をふきかえさなかった...。
って、川向こうまできてしまったところでの
エンジンがかからない状況。
Img_3452天気が良くてよかった。
日差しが程よく優しくてよかった。
気分はバックストレートから
鈴鹿を半周してピットに帰る
ケビン・シュワンツw
とりあえず川向こうが
台地の上だったので、
基本下り坂だったのが幸い。
タンクに満タンのガソリンを
恨めしく思うことは
あまりないが今日は別。
でも怪鳥に比べると50kgは少ないので。
途中田んぼの中では、
通りすがりのアルトワークスのお兄さんに
「ガス欠〜?、なんかいいバイク押してるから」
と声もかけてもらえましたが、
ちょっとよくわからない症状でのエンストなので
次週以降じっくりと取り組んでみましょう。
ここのところ整備ほどほどで乗っていたので、
そろそろ手を入れてくれよ
というバイクの訴えなのかもしれません。
ちょっと反省。

|

« V-strom ミーティング2016 | トップページ | 今年の夏は走れないかなぁ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163618/63769477

この記事へのトラックバック一覧です: 緊急停止:

« V-strom ミーティング2016 | トップページ | 今年の夏は走れないかなぁ »