« メーター再び | トップページ | Gallina TGA6R1化粧直し開始 »

2015年3月 1日 (日)

再びメーター修理

雨の日曜日、

再びメーターの修理です。
Img_1555
前回修理したところの
針の裏面に
樹脂を乗せたところ
そこの強度は十分、
その先から見事に
折れてくれました。
今回は針が激しく暴れる
という現象を伴ったため、
内部を見てみようと
分解を進めてみます。
Img_1556
このオドメーターの
数値の下に見える
金属の缶が
どうやらメーターの
トルクコンバーター。
下側の入力ギアで
ケース外側が回り、
そこに乗せられた出力缶が
オイルで連れ回りする具合。
どうやらそこが直接接触して
入力回転で針が動いたことが
激しい音が出た要因の模様。
とはいえ、顕著に干渉して何か悪さをしているか
というとそのようなわけでもない。
多分ちょっとした瞬間に干渉しているのだろう。
ここをバラして何かできるわけでもないので
とりあえずそのまま針の修理に移ります。
針は瞬間接着剤で固定し、
裏打ちを前回と同じプラリペアで行います。
Img_1558で、また風防をかしめて
復元します。
形にはなりましたが、
トルクコンバーターが
特にいじれなかったので
もしかしたら再発するかも。
とりあえず悲鳴をあげたと思われる
メーターケーブルからの
ギアにはグリスを付けておきましたが。
また組み付けて様子をみますか。

|

« メーター再び | トップページ | Gallina TGA6R1化粧直し開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163618/61216509

この記事へのトラックバック一覧です: 再びメーター修理:

« メーター再び | トップページ | Gallina TGA6R1化粧直し開始 »