« Racers 13 | トップページ | OS 10.7 Lion »

2012年2月26日 (日)

次の時代の楽しみ...

金曜日に職場のCBRに乗る若者と雑談。

調子は良いのだが、荷物が積めないと。
てっきり欧州にも出しているバイクなので
パニアバッグなどが付けられると思っていたら
バイク屋には
「付けない方がいいですよ、曲がらなくなりますから」
と言われたという。

そこで先日買ったRACERS 13のRC211Vの記事と
ふと重ねてみて妙に納得。

最新のスーパースポーツにRC211Vの車体の考え方、
前乗りで足元にまとめた質量を転がす感じ
が適用されて、
そう作られたモーターサイクルの
後ろの橋に荷物を載せたりしたら
確かに言うことを聞かないバイクになるんだろうなぁと。

そんなCBR、
スロットルバイワイヤで
トラクションコントロールというか
出力制御はしてくれるし
ABSは付いている。

RACERS13を読んでいて、
ここに乗ってスロットルを開けて
曲がりたい方向を向いてくれたら
とにかく最速で走りますよ。
という感じがしてしまった。
バイクの邪魔をしなければとにかく速いよと。

おそらく最近のスーパースポーツも
そういう領域に近づいているのかもしれない。

数年前にサーキットでしかお目にかかれなかった技術が
公道用として格安で誰でも免許があれば買って乗れる。
バイクの挙動云々に気づかないうちに
バイクが状況を判断して適切な出力を路面に伝えて
走り抜けていってくれる。
気づいて何かしようと介入する方が、
むしろ制御を邪魔してあらぬ方向に導いてしまう

かもしれない。
乗ったこと無いからわからないけど。

自分なんか基本的にビビリミッターが
早く作動してくれるので、
そんな状況に持っていくことすら出来ない。
小さな挙動にいちいち反応しようとして
何かやろうとしてしまうので
多分乗りこなせないんだろうなぁと
勝手に思っている。

なによりスロットルグリップと
キャブレータのバタフライが繋がっていて
内燃機の燃焼を「自分が」コントロールしている
(気になっている)のが好きなので、
そこが分断されている時点で
今のバイクには乗れないんだろうなぁ。
たとえ多めにガソリン代を払おうとも。

そういう前世紀的な楽しみから
開放される今のスーパースポーツだから
到達して楽しめる世界が
きっとあるんだろうなぁ。

なので、職場の若者には
是非ともその「今の」バイクの楽しみを
教えてくれと伝えてみた。

教わっても多分自分は20世紀に居続けると思うけど...。

|

« Racers 13 | トップページ | OS 10.7 Lion »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163618/54077291

この記事へのトラックバック一覧です: 次の時代の楽しみ...:

« Racers 13 | トップページ | OS 10.7 Lion »