« 雲の中の土曜日 | トップページ | 金曜の宮が瀬 »

2011年7月 8日 (金)

エリミネーターで北海道ツーリング

と、タイトルに書きましたが、
別に新しいバイクを買ったわけではないです。
ふと昔自転車で北海道を回っていた時、
釧路駅のツーリングトレインで宿泊していた
Kawasaki Eliminator(おそらく750)の人の一言、

「さすが北海道、リッター10kmいくわ〜。」

を思い出してしまったので。

ちょっと縁がありまして
この輪番休業の週末(相当)に
電気自動車に乗ってみました。

かみさんの買い物につきあって、
厚木の街まで行ったり来たり。
借りて来た段階でバッテリーの残りは
半分ちょっとだったので、
残り走行距離50kmを切った表示が目に入ります。

試しに厚木市役所の急速充電でチャージ、

しようとおもったら先客がいましたので
近所の急速充電はと、
地元の座間市役所まで戻ってみます。

到着は14時くらい。
市役所裏の充電器の脇に行ってみると
「ご使用の方はお電話ください」の貼り紙。

電話してみると、
「16時までは節電対策で、急速充電は...。」
とのこと。

この段階で35kmくらいになっている。
近くで急速充電出来るところは
エネオスのDr.Driveか
海老名近くの産業技術センター。

ということで産業技術センターに行ってみます。

受付にお願いしたら
節電25%に挑戦中ということながら
一応OK。
ただし全体の負荷を制御しているらしく、
電源投入前に設備課の方と連絡を取って
30分間の限定です。

で待つこと30分、
技術センターのロビーで本を読みながら
人間の方も充電し、
走行可能距離は90km弱まで復活。

その後、横浜まで出かけてみようと
東名高速から保土ヶ谷バイパス、
横浜新道を経由して横浜界隈へ。

エアコンも使いながらのクルージングなので
走行可能距離は50kmを再び切ります。

でも横浜界隈は県庁含め数多くの充電スタンドが。

と思いきや県庁到着が17時25分で、
県庁の充電スタンド稼働時間は17時15分まで。
ということで充電は別の場所を探さないとなりません。

近場で何かのついでというところでは
ベイクォーターの駐車場に充電設備あり。
ただしここは通常の200V電源です。
急速というわけには行きません。

再び走行可能距離が30km台になったところで
ベイクォーターの駐車場に到着。
EV用の駐車場を聞いてみると地下とのことで
案内されたのは出入り口近くの駐車場。
こういうところはまだ恵まれてますね。

で、200Vを差し込みチャージ開始。
ただし装置の設定の都合で30分でタイマーが切れるとのこと。
なので、上にあがって買い物中に一回戻って再チャージ、
再び上がって食事を終えて再チャージ。
で、腹ごなしにウィンドショッピングを終えて
1時間半の充電で走行可能距離は80km弱に復活。

買い物の間にずーっと充電出来れば不自由は無いんでしょうね。

で再び横浜新道から保土ヶ谷バイパスで
次は海老名SAにあるはずの急速充電器を目指します。

あるとわかっていれば走行可能距離の減りは気にしない。
ガンガンEVの低回転トルクを楽しんでしまいます。

ここで改めて感じたのは
自分にとって楽しいのは
車なりバイクの能力を引き出すことだということ。
なので小さい車達と単気筒のバイク達というのは
実際の車の流れの範疇で、
十分その楽しさを味わえる選択だったんだな
ということ。

走行可能距離を片目に見ながら
持てる能力を発揮させられない、
たとえ回りの流れはその能力を求めていても
というのはかなりストレスになるかも。

なので、海老名での再充電がわかっている
東名の道すがらはかなり楽しかった。

夜も更けて来た海老名サービスエリアの
急速充電器は建物のすぐ近く。
珍しいものらしく結構通りすがりに
見ていく人が多かった。充電時間は約40分。

休憩所の中に入ってしばらくアイスを食べたりと
時間をつぶします。
チャージが完了したところで帰路に。

思い出すと、
初めて買ったRIDERS CLUBは
Eliminator 750, 400の新車インプレが記事だった。
自分にとってはあの4気筒の張り出し、
小さいタンクを補おうとするシリンダーヘッドのパッド、
短い前足、長いホイールベース、
極太(当時)のリアタイヤ、
それを見せつけんばかりの短いリアフェンダー、
お世辞程度のピリオンシート、
フェンダー上に飾りのようにつけられたナンバー、
四方にとげを出して触るものを拒む様な
尖った意匠だった750/900は
とても魅力的に映った。

たとえタンクが小さくて(11L)燃費が悪くても、
ドラッグレーサーの雰囲気がプンプン漂う
その佇まいは何物にも代え難かった。

そんなEliminator750(か900)に
キャンプ道具をしこたま積んで
ガソリンスタンドもまばらな北海道で
ツーリングをするのは、
なかなかドキドキで楽しかったのだろうなぁ。

なんてことに思いを馳せてしまった
休日のドライブでした。

|

« 雲の中の土曜日 | トップページ | 金曜の宮が瀬 »

コメント

道東、道北は40km以上平気でガススタ無しでしかも農協系は日祝休みの太っ腹(@@)

なみぞぅ>
ホクレンで配ってた地図が頼りになったのを思い出しました♪

投稿: 転勤族@北ナン | 2011年7月10日 (日) 07時44分

 最近スタンドとか行ってもよく急速充電器置いてますよね~
 そうやってインフラが進んでくると車自体もバリエーションが増えてくるんでしょうね
 ちっこい2シーターのオープンなんて出てきたら・・・迷っちゃうかもです

なみぞぅ>
ショッピングセンターやレストランとか、ちらほら充電設備が入ってますからね。
テスラロードスターなんかも面白いのでしょうね。

投稿: たけ | 2011年7月10日 (日) 09時07分

実家は北海道ですが、そのタンク容量と燃費の悪さは自殺行為に近いと思いますよ。リッター20kmではないでしょうか。
パンク修理で話をしたガンマ500のライダーは回転数3000rpm以下、リッター18kmで走ってもスタンドがなくて冷や汗をかいている・・・と言っていました。私も原付で釧路-北見間の往復でガス欠し、阿寒湖畔の喫茶店のマスターのバイクから2リットル分けてもらった経験があります。

なみぞぅ>
多分に大げさに言ってたところもあると思いますが、タンク容量は事実ですのできっとキャンプストーブも赤ガスを使ってたのかもしれません。
かく言う私もTLR250Rの6Lタンクで道東林道をヒヤヒヤしながら走りましたが(笑

投稿: Shin-G | 2011年7月11日 (月) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163618/52150969

この記事へのトラックバック一覧です: エリミネーターで北海道ツーリング:

« 雲の中の土曜日 | トップページ | 金曜の宮が瀬 »