« KPM Black Diamond | トップページ | すこしずつ春 »

2011年4月17日 (日)

Back to the 90

いい天気の土曜日でした。

午前中ちょっと会社のサークル活動。
午後から久しぶりにGallina TGA6S1に
火を入れて宮が瀬に繰り出します。
Dscn2880
会社の知り合いがいるかな
なんて思いましたが、
いませんでした。
MTー01の人としばしお話。
シングルかツインの
駆け出す雰囲気が好き
とのことで共感。

しばし時間をつぶしていると
NSは来るは、
Γは来るは、
TZRは来るは、
ピカピカのSDRはいるわと
結構素敵な駐輪場の景色でした。

久しぶりの北岸道路。
暖かな空気の中で
ほどほどのペースで走りますが、
出口近くのトンネルで
後ろに付いたヘッドライトは
DUCATIのHypermotord。
一番この辺の道で付かれたくないバイク。

ホントにUターンしようと右向きの
ウィンカーを出したバイクを右から
抜いて行くのは勘弁して欲しかった。
おしっこ我慢してたのかもしれないけど。

ま、それはさておき帰り道に寄った
ハヤシカスタム
なぜなら歴史を預かって来る話を
先週聞いていたから。

Dscn2888 オレンジブルバードの
OMC-Xです。
'89年当時の
ライダースクラブ増刊、
季刊で発行された
Be Spaceの1号、
シングル特集でヤジマRGBと並んで
紹介された一台。
当時その角が取れた意匠と
パイプフレームの美しさに
食い入るように雑誌を眺めていた一台

が、なんとハヤシカスタムに来ました♪

環八沿いのリンドバーグから引き受けたとのこと。
Dscn2889 もう一台は
OMC-SR。
SRの方は80年代当時
社長がメカニックの
面倒を見ていたとのこと。
その関係で来た2台。

バブル時代だったとはいえ、
楽しくシングルエンジンで遊べていた時代。
Dscn2884
今のハイパフォーマンスな
”つるし”の「市販車」にも
どうやっても追いつけないけど、
それらではどうやっても追いつかない
美しさと夢が詰まっている。
当時は雑誌を通して
憧れていただけだったけど
心の片隅にずーっとあった
憧れが現実として目の前に現れてくれるのは
やっぱりうれしい♪

13年憧れ続けたGallinaに続き、
さながら22年間ずーっと雑誌の中に閉じ込められてた
ものが目の前に出て来てくれるうれしさ。

ニコバッカーSR、自分のGallina、
そしてこのOMCの2台。
後はスポンドンとRGBか!なんて話を
店の常連さん達としながら楽しい一時。

本当に是非ともいつの日かS.S.U.の走行会で
爆音の響宴をしてみたいものです。

整備する時にすごく近所に
気を使うかもしれませんけどね...(笑

|

« KPM Black Diamond | トップページ | すこしずつ春 »

コメント

 おお!!
 何だか懐かしいですねぇ~
 俺もハヤシカスタムさんに用事はあるんですけど、その前に車をメンテに出さないといけないのでって事で遅れてます
 こんなのがあるんだったら車を後回しにしてもいいかなぁ・・・

なみぞぅ>
こんにちは。
しばらくあるはずなのでゆっくりでも大丈夫だと思いますよ。

投稿: たけ | 2011年4月17日 (日) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163618/51410336

この記事へのトラックバック一覧です: Back to the 90:

« KPM Black Diamond | トップページ | すこしずつ春 »