« いもネジ切断 | トップページ | ...久しぶりのツナギは暑い... »

2010年10月11日 (月)

25、000分の1

今日(というか昨日の日曜)
厚木の有隣堂で、
久しぶりに買ったもの。

Dscn1704 国土地理院の地図。

懐かしさも感じながら
でも、25,000分の1は
もしかしたら始めてかも。

というのは、中学のころに
50、000分の1の地図を基に
立体地形模型を作るクラブに所属してた
関係で、馴染みのある縮尺は5万図だった。

おかげで大学の頃のサイクリング部でも
地図はいつも5万図。

でも本当に久しぶりだったので
たたみ方を忘れていたのはご愛嬌。
Dscn1705
でも今のご時世
たたみ方まで
ネットで検索出来た。
昔同じように失敗して
細かい横向きの折り目をつけたことを
思い出して成長してないなぁと。

でも、昔なじみの地図ではない、
Dscn1706 左上に表題がある
地図が出てきているのに
びっくり。
同じようにたたむと
一応表題を表に出せるので
実用上は問題ないが、
ちょっと大きさも大きめ。

Dscn1708 重ねてみると
なんと周辺を大きめに
入れているでは
ありませんか。
昔の形式だと
地図の余白をきれいに折り
その地図同士を突き合わせると
下の2枚のように地形が繋がったけど。
新しい形式では重ねるのが前提らしい。

確かに境目になった地形を読み取るのは
難しい場合もあったけど、
折った果ての大きさもあわないので
ちょっと残念かも。

もっとも新しい形式の方が、
日本全国集めた場合は同じ大きさのままに出来るのか。

昔の形式だと、緯度が上がると
一枚あたりの地図の大きさが
どんどん大きくなりましたからね。
逆に揃わなかったのを記憶してます。

ということで久しぶりに買った地図で
この冬はちょっと歴史を辿ってみますかね。

|

« いもネジ切断 | トップページ | ...久しぶりのツナギは暑い... »

コメント

 こちらでもこんばんは~

 おれ、そんな細かい地図持ってても間違いなくたどり着けない自信があります<  ̄^ ̄>

 ついでに前だったらナビが無くても走りながら地図を確認できたんですが、もうナビが無い生活なんて考えられないっす

 人間安きに流れるもんですねぇ

 その点尊敬ですm(__)m

なみぞぅ>
最近はやっぱりナビで自分の位置を取れることが助けになったりしますが、昔は周りの地形をみて自分の位置を考えていたんですよね。

今度はそちらの感覚をレストアしないとならないです。

投稿: たけ | 2010年10月11日 (月) 02時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163618/49706696

この記事へのトラックバック一覧です: 25、000分の1:

« いもネジ切断 | トップページ | ...久しぶりのツナギは暑い... »