« 黒船、黒雲 | トップページ | 生還 »

2009年8月 1日 (土)

TTX GP

今年のIsle of Manに
電動バイククラスがあったとのこと。

某バイク雑誌の記事で、
沿道の観衆の目の前を
音もなく
でもとんでもないスピードで
走り去る2輪車に観衆は思わず笑いが出たとのこと。
次の瞬間新しい時代が来たことを感じた
とか書いてあった気がする。

確かに理解を超えたものを見た時、思わず自分は笑っちゃうだろうなぁ。

乗車フィールはどんな感じなんだろう?
単気筒のガツガツと蹴り出す感じになれた自分は
モーターのスムーズさをどう解釈出来るのかな。

とはいえモーターも磁力をましていくと
コギングのトルク変動が大きくなるのは
ラジコンのハイチューンモーターでも感じるところ。
そいつを駆動するPWMの波形によって
意外とトルクフィールをコントロール出来るのかもしれない。

特にレーサーとして極力軽く作った車体ならなおさら。

電動だと走行状況でその辺を制御回路のロジック上で
コントロール出来るようになっちゃうんだろうなぁ。

偶然を必然にしていく内燃機に較べると、
必然を最初から作れるんだろうから、
面白いと言えば面白いのかも。
でも作る人がどれだけそういう感覚を持っているかが
今度は重要になるんだろうなぁ。
ただひたすらスムーズにで作る方が、
味付けをいろいろ考えるよりめんどくさくないだろうから。

内燃機を飼いならしていく過渡期にあった
バイクに乗ることができていることは幸せなのだろうな。
偶然の産物の猛々しさにも触れることができたから。

内燃機の場合、獰猛さを抑えるために音を抑制します。
そのおまけで力も抑えられてしまう場合もあるのですが。

電動バイクの場合はどうなんだろう?
パワーアップしていくと音が出ない代わりに、
磁気ノイズが外部に放出されてたりして...。

|

« 黒船、黒雲 | トップページ | 生還 »

コメント

 電動バイクとか電動自動車って一度は乗ってみたいです
 静止状態から最大トルクを出せるってどういう感覚なんでしょうねぇ

 そういう意味ではプリウスの新型がレンタカーで出回ってきたら一度借りてみようかとも思ってるっす

 でも、初めの頃は多分スムースに動くように仕上がってくるにしても、多分それが普及したら今度はモーターのメーカーによる癖みたいなもんが出てくる気がします

 そうなったら電動バイクもさらに面白い物になるんでしょうね~

 まだバイクに乗れる内に出てくるかなぁ

なみぞぅ>
こんばんは〜。
モーターのクセも偶然の産物でいろいろ出来ると面白そうですね。
最大トルクの感じならレクサス系のFRのやつがいいですよ。

投稿: たけ | 2009年8月 1日 (土) 22時26分

こんばんは~。
技術的な進歩には興味もありますし
化石燃料の枯渇も心配ですが・・・・
車はともかくとして、オイラにとってのバイクは非日常への入り口
だと思ってますので、正直なところいりません(笑
やはり内燃機の鼓動を感じながら走って行きたいです。

あ、このマン島での電動バイクレースって一番開発費を掛けた
チームでなくて、一番少ない開発費でバイクを作ったチームが
優勝したんですよね。やはり開発はお金も大事だけど
情熱でしょうかぁ(フムフム

なみぞぅ>
お名前がないのですが、内容からすると”や”さんですね?
私にとってもバイクは一番素の状態の内燃機関との対話なので、もしも制御云々抜きの機械的なモーターだったら楽しんじゃうかもしれません。
でもそれじゃ電動化する意味がないってことになっちゃうんでしょうね。

情熱...ほんとそうですよね。

投稿: | 2009年8月 2日 (日) 19時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163618/45796656

この記事へのトラックバック一覧です: TTX GP:

« 黒船、黒雲 | トップページ | 生還 »