« New Monkey | トップページ | Gallina解体新書 リアショック編(1) »

2009年3月 1日 (日)

Gallina解体新書 フロントフォーク編(1)

寒さ戻りました神奈川県央。
お使いの途中で留守電が入っていました、
Gallinaを預けているハヤシカスタム社長から。

フロントフォークから派手にオイルが漏れたので
オーバーホールと共にシール交換をお願いしていたところ
まず分解出来たので進め方を相談ということでの連絡。

Dscn4686_2 前回、インナーチューブが入っていると
分解出来ないということで
オイル交換のみとなっていたフォークが
見事バラバラになっていました。
とにかくオイルシールを外せるようにということで
完全にインナーチューブを外すためにボトム部を外し
すっぽり上に抜いたという具合。

Dscn4687_2 アウターチューブの下端付近に切った溝に
Cリングが入るのですが、
奥に見える段差との間にカラーを入れるだけなので
本当にインナーチューブと隙間が無い。
径にして2mm弱程度しか隙間が無い中では
いわゆるスナップリングの引っ掛け代すら作れない。

ちなみにDscn4688_2 アウターチューブの外側に切ってあるネジに
このゴールドのキャップがねじ込まれ、
キャップにオイルシールが内蔵
ダストシールがその下に着く具合。
なので、ここまでばらす前提ならば
オイルシール交換は却って楽になる構造。
ボトム部は各バイク毎に異なると考えると、
汎用性を持たせた構造としてはありなのではないかと感心。

ちなみに今回ここまでばらすために、
Dscn4689 Dscn4690 社長ってば特殊工具まで
作って対応してくれました。
ちなみに左の長〜いのは
トップのキャップを外す
ピンスパナの様なもの。
その脇と右の写真はボトムブラケットを外すためφ38のインナーチューブをしっかりとくわえこむための治具。

Gallina TGA6S1オーナー他、
チェリアーニ倒立フォークユーザーの皆さん
ハヤシカスタムに専用特殊工具がありますので
オーバーホールの時には相談出来ますよ。

ってどのくらい日本で需要があるんだろう...。
社長ひたすら感謝です m(_ _)m

でこのオイルシール、
Dscn4681 Dscn4684 Made in Japan
NOKのものでした。
型番らしきものは
BR6566Eと
書いてあります。
ほぼ同じ寸法のオイルシールがPOSHにもあり
それが無事使えそうです。
でもNOKの方にも問い合わせしてみたいです。

Dscn4683 こちらはダストシール。
同じくNOK製。
型番らしき番号はBR6561E。
φ38は実はSRXと同じでもしやと
社長が持ってきたダストシールがなんか使えそう。
でもSRXはリップが一つ、
こちらはダブルリップになっていました。

ということでシール類は何とかなりそうなフォークですが
問題はもう一つアウターチューブです。
Dscn4691 Gallinaオリジナルの
マグネシウムトップブリッジに
クラックを発生させ、
謎の寸法のためタキオンのセパハンを付けるのにとても苦労をさせてくれたアウターチューブの塗装。
これをなんとかせねばと思っています。
ばらした所でよくよくみてみると
オリジナルのブロンズアルマイトが端々に見える。
また塗膜の構成も解りました。
ちょっと深みのある感じの塗装だったのは、
サフェーサーのような厚めの下地塗装に微妙な凹凸、
それをブロンズ風に見えるこれまた厚いクリア塗装で
覆っている関係で深みが見えたもの。

ちょっと古めの自転車フレームであるアルミ粉を厚めに
引いてクリアをかける手法に良く似ている気がしました。
多分そういう見栄えを狙って、そういう塗装屋さんで
きちんと塗ったもののように思われます。

でも厚くなってマグ割っちゃ...。

ということで今回容赦なく剥離してもらいます。
予定としてはオリジナルのブロンズアルマイトにします。
まずは剥離して表面状態が解った所で
再度相談するということにしました。

せっかくなので時間をかけてじっくり取り組みます。

|

« New Monkey | トップページ | Gallina解体新書 リアショック編(1) »

コメント

今晩は、なみぞうさん。
シールが日本製と言うのはちょっと驚きですが、
フォークが何とかなりそうでよかったですね。
しかし塗装とは・・・色々と手ごわいバイクですねcoldsweats01
きっちりと修理が終わった後に、
又ガリーナの写る風景を楽しみにしています~(もちろんDRも)

>なみぞぅ
こんにちは。
やっぱり芸の細かさは日本のお家芸なんでしょうね。
複数のオーナーを渡り歩いていると、いろいろありますね。

投稿: 吉備 | 2009年3月 1日 (日) 05時23分

 おはようございま~す

 着々と進んでますね~happy01

 そういえば昔どっかでオイルシールやピストンリングなんかは規格物だからよっぽどの事がなければたいてい合う物があるもんなんだって聞いたことがあったっす

 完成したらまた一緒に走ってくださいね^^

>なみぞぅ
ちゃくちゃくとですが、
いろいろ出てきそうでちょっと怖いっす。

いい塩梅の冬眠になっています。

投稿: たけ | 2009年3月 1日 (日) 07時17分

NOKの標準品だったらカタログに出てるでしょうね。
Netで調べられないのが難点だけど。
大学の後輩に(辞めてなければ)NOK勤務がいるので聞いてみようか?

>なみぞぅ
次の記事にも書きましたが、NOKに一般人として問い合わせしてみたところ、自動車二輪車用は各メーカーと専用品開発しておりメーカー経由以外の物流は無いとのことでした。
とはいってもというルートがあるなら...。

投稿: はまぁ。 | 2009年3月 2日 (月) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163618/44205795

この記事へのトラックバック一覧です: Gallina解体新書 フロントフォーク編(1):

« New Monkey | トップページ | Gallina解体新書 リアショック編(1) »