« 久しぶりに怪鳥 | トップページ | Gallina解体新書 フロントフォーク編(1) »

2009年2月22日 (日)

New Monkey

今日昼間ちょっと青山におでかけ。

ついでに寄ったホンダのショールーム。
Dscn4665 高級な新型モンキーです。
でもやっぱりモンキーです。

受付のおねえさんに頼むと
乗らせてもらえます。
左手にレバーがあるので
きちんとクラッチ付きに
なってるんですね。

Dscn4667 でもやっぱりPGM-FI
と脇に書いてあるのには
ちょっと違和感があるかも。
とぐろマフラーが標準らしい。
しかも触媒タイコ付き。
このフィンの無いヘッドカバーの
中身もちょっと気になります。

おねえさんきちんとカタログくれました。
オプションカタログに最近はタケガワとかキタコの
マフラーが載ってしまうのね。

ちょっと惹かれますが、まずはRのオーバーホールか?

|

« 久しぶりに怪鳥 | トップページ | Gallina解体新書 フロントフォーク編(1) »

コメント

こんばんは~
そう言えば、モンキーもFIになったん
でしたねぇ。キャブに較べると季節による
変化も無くて楽な反面で、簡単に弄れるって
言うのも魅力な一つだったモンキーが
ややブラックボックス化してしまうような
気もして寂しいって感じもします。

ま、うちの749・6R共にFIで
怠けちゃってるオイラが言っちゃ
いけませんかねぇ(笑

>なみぞぅ
こんばんは〜。
キックのインジェクションというのも
個人的にかなり興味があります。

これまでのキャブ並みにいじる人が出たらROMライターとかがかなり安く出回るんじゃないですかね?そうするとみんないろいろいじり易くなるかもです。

でも私自身はずーっとキャブな気がしますけど(笑

投稿: やぶいち | 2009年2月23日 (月) 21時29分

思わず水冷エンジンって感じのヘッドカバーになってるんですね。写真見てびっくりでした。モンキーで30万近く・・・ってこれもびっくりです。

>なみぞぅ
こんにちはMiyaさん。
水冷っぽいヘッドカバーの中に
何が入っているのかとても興味あります。
まさかVTECでは無いでしょうけど、値段を考えると...
やっぱりないですよね。

投稿: Miya | 2009年2月24日 (火) 20時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163618/44145292

この記事へのトラックバック一覧です: New Monkey:

« 久しぶりに怪鳥 | トップページ | Gallina解体新書 フロントフォーク編(1) »