« 首都高X | トップページ | のんびりと日曜日 »

2007年10月27日 (土)

ジェッティングについて

台風です。
昼間は会社でしたが、風がかなり激しかった。

青空ガレージの身としては、天気が悪いとどうしようもない。
なので今日はちょっとDR800Sのキャブセッティングについて
考えてみることにします。

メインジェットをGallina, '90DR, '91DRで比較すると、
#150 / #117.5 / #130
とかなりGallinaはでかくなっている。
元のエンジンが'90DRなのでものすごく大きくしていることになる。

フィーリングとしては自分の'91DRに合わせたい気持がある。
カム山の標準高さはスペック表で比較できる。
'90DRはIN 36.090-36.130 EX 35.980-36.020
'91DRはIN 36.200-36.244 EX 36.170-36.214
これで見ると'91DRはリフト量を増している。
カムプロファイル、オーバーラップは分からないけど
サービスマニュアルを見る限りは750の初期に記載が
有るだけなので、変えていないのではないかな。
Dr007
そうすると'90DR800S
(Gallinaの種)エンジンは、
750用のカムにキャブセッティングで
779cc対応したものということになりますか。
だから同じ779ccなのに上が苦しそうなんだな。

そうするとますます779ccならば'91のカムと
キャブセッティングをベースにしたくなりますね。

後はモノが来てからのお楽しみか。
その他細かいジェット類の違いも有るんだけど
それぞれがどういう役割なのかをもう一回
昔のライダースクラブムックを見て勉強し直そ。

|

« 首都高X | トップページ | のんびりと日曜日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163618/16893905

この記事へのトラックバック一覧です: ジェッティングについて:

« 首都高X | トップページ | のんびりと日曜日 »