« 久しぶりに奥多摩 | トップページ | 怪鳥ウィンカー修理 »

2007年8月13日 (月)

怪鳥オイル交換

夏休みだから走ろう〜!じゃ無いのが残念。
焼き付かせたカムを交換して昨日の奥多摩で大体1000km。

よし、怪鳥DR800Sのオイルを交換しよう。
とまずはオイルを買いに近くのドラスタへ。
Monkey-Rで飛び出したらちょっとより道してしまうのが常で、
その話は別途記事にしよう。

炎天下ドラスタに到着して、いつものスズキ純正Type04を購入。
帰って一休みした後、分解開始。
Dscn2309
タンクまで外すのは、タペット調整もするから。
カムとロッカーアームを新品にしているので、
その辺の具合もちょっと見たい。
日陰になるとそこそこ作業できる。

吸気側のタペットメンテホールを開けると、
Dscn2310 すべすべのカムが輝いている。
オイルに覆われて
きれいなまま。
当たり前がちょっとうれしい。
タペットクリアランスは若干開いていたか。

吸気側0.08、排気側0.15とともに調整し、復元。
ちょこっと暖機してみると、心持ち静かになった気がする。
オイルをじっくりと排出。
普通に真っ黒だけど、オイルフィルターを外してみると
若干スラッジと言うか煤と言うか黒い粉が入っている。
焼き付いた時の後遺症。
しばらくはこまめなオイル交換が必要なのかな。

で、その後オイルフィルターとオイル約2.7Lを入れてみる。
Type04のちょっと濃いめの色も澄んで見える。
少しでも護ってほしいのでモリブデン無しのオイルは
ちょっとこわい。

油量をチェックして復元。
これから秋に向けてまたがんばって下さいよ。

|

« 久しぶりに奥多摩 | トップページ | 怪鳥ウィンカー修理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163618/16102631

この記事へのトラックバック一覧です: 怪鳥オイル交換:

« 久しぶりに奥多摩 | トップページ | 怪鳥ウィンカー修理 »