« 恐怖の電話 | トップページ | 怪鳥タンク修理2 »

2007年2月 3日 (土)

中間報告

冬の白さが訪れる前に畑には緑の絨毯。
風はまだ冷たいながら、
日差しの暖かい土曜日の昼下がり。

久しぶりにMonkey-Rに火を入れてみます。
チョークを引き、キック一発。
で、目を覚ますのはさすがに
カブを祖先に持つ水平エンジン。

ただ後付けのKITACOのタコメーターが
長期放置の影響か、動きが鈍くなっていたよう。

行き先はGallinaを預けているハヤシカスタム。
今のところトップブリッジを外して
マグネシウム屋さんに渡しているので、
ガレージの奥に半バラ状態。

既に終ったサスペンション分解メンテナンスの
顛末を教えてもらう。
フロントは結構普通に分解、オイル交換できたが、
リアショックはインナーシャフトに傷がついて、
オイルにもエアが混入していたとのこと。
しかも全部バラそうにもリングが外せない構造。
結果中身を外しての清掃は不可だったみたい。
サスペンション本体の構造はWP、
ダンピング調整の機構はオーリンズのような
リアサスだったとのことですが、
次回はリプレイス品を探さないといけないのかな。

で、トップブリッジは2〜3週間かかるとのこと。
詳細の見積もりはもうしばらく。

ということで、日差しの下のMonkey-Rを切り取って
今日はおしまい。
にほんブログ村 バイクブログへDRのタンクも直さないとならないなぁ...ハンダ付けかな?

|

« 恐怖の電話 | トップページ | 怪鳥タンク修理2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163618/13777033

この記事へのトラックバック一覧です: 中間報告:

« 恐怖の電話 | トップページ | 怪鳥タンク修理2 »