« 記憶媒体 | トップページ | 世界最速のインディアン »

2007年2月10日 (土)

Montesa

暖かいものの曇天の土曜日。
今日はちょっと原動機無しの話です。

タイトルのMontesa。
小排気量のロードも造ってましたが、
私にとってはトライアルバイクメーカー。
ホンダがトライアルの世界選手権から撤退した後には
提携したのかホンダエンジンを積んで走り続けていた。

自分も一台持ってます。

と言っても「丸石」Montesaです。
丸石自転車がライセンス生産(?)していたBTR。
高校の頃から入り浸っていた自転車屋さんにあった一台を
長期にわたって借りて、かなり楽しんで練習した果てに
フレームの溶接がはがれてクレームで修理されたようです。

おかげですっかり虜になって、数ヶ月後に自分で買いました。

学生時代はサイクリング部だったのですが、
BTRを知ってからは距離走るより、
じっとしていることが多くなってしまった。

就職してからもちょっとした運動にと夜な夜な乗ったり
近場の買い物に使っていました。

結婚して引っ越したある日、突然家の前から姿を消した。
どうやら近所の子供が盗んだらしい。
一回子供が乗っているのを目撃した。
近所の公園で変わり果てた姿で見つかった。

でも自分のMontesaであることには変わりはない。
持ち帰ってとりあえず家の庭に置いておいた。ずっと。
そのうちバイクのトライアルともお別れしてしまい、
自転車も庭で朽ちるに任されていた。

Dscn1384_1 でも、今日一念発起して
レストアに取りかかる気になった。
別に理由は無いです。
ただ、このフレーム、ジオメトリー
全体の雰囲気って他に無い。
多分今のBTR用MTBの方がギアもあり、実用的だったり
大径ホイールの方が主流になっているんだろうけど、
’80年代後半のコンペマシンでありながら、
美しさも兼ね備えたmaruishi Montesaにもう一回乗りたい。
トライアル熱が再燃してきたところで、そんな気になってきた。

ということで、これからはBici sport Japanの社長さん、
宜しくお願いしますね。

まずは全バラにして、使える部品と捨てる部品の仕分けからかなぁ。

|

« 記憶媒体 | トップページ | 世界最速のインディアン »

コメント

BTR-20って私が持ってる601-BTRの前進かな??

>なみぞぅ
こんにちはkuroさん。
601-BTR見させてもらいました。
たぶんそのものの色違いっぽいですね。
きれいに乗られてますね。羨ましいです。
レストア作業は完全に止まっています(^_^;)。

投稿: kuro | 2007年8月19日 (日) 10時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163618/13862582

この記事へのトラックバック一覧です: Montesa:

« 記憶媒体 | トップページ | 世界最速のインディアン »