« ブレンボバラシ(F編) | トップページ | '06振り返り »

2006年12月29日 (金)

このフェンダーって...

今日は有休を取って一足先に冬休み。
好天の下で大掃除を始めて、午後はちょっと銀座に買い物。

ペンタブレットをアップルストアに買いに行った。

結構ハマりますコイツ。

で、東名で帰った帰り道に港北PAに寄って一服。
少し後から来た同い年ぐらいの刀乗りの人と話をする。
「これもスズキなんですね。」
「ええ。90年くらいにパリダカに参戦してた頃のレプリカです。」
「800ccで単気筒なんですか?」
「ええ。でも結構高回転型なんですよ。」
「このフェンダーのあたりってビーエムみたいですね。」

カッチーン!
決して刀さんも悪意があるわけではないとわかっていても、
怪鳥乗りとして一番言われたくない一言。

「いえいえ、こちらの方がオリジナルです。」
と昂る気持ちを抑えながら話を続けました。

1988年DR750Sで始まった市販車DR-Big
ほぼ時同じくしてDR-ZとしてParis-Dakarを走り抜けた。
その当時、ワークスとして参戦したのはガストン・ライエ。
'84,'85はBMWのGSで勝利した後にスズキに乗ってます。
ちょうどBMWで勝った時の姿が、
タミヤのプラモになっているんですね。

4267_1024

2001年のBMWワークス(?)だと、
新しいRのGSで参戦しているんですね。

1988_drbig_29188_300 この姿はまさに10年前のDR-Zです!!!

結局ワークス参戦したスズキはこれといった
戦績を残せなかったのですが、
ホンダNXRヤマハXTZがダウンフェンダーと
タンク一体のデュアルヘッドライトカウル、
その他の多くのバイクが似たような姿だった中、
一人異形と思えるくちばしを生やし
砂漠を駆け抜けたDR-Z。

誕生から10数年過ぎた今、天下のBMW GSにその姿を
引き継がれているということは、スズキさん、
あなたのやったことは極めて正しかったということでしょう。
確かにあのくちばしは上手く冷却風を取り込む
シュラウドにもなるんですよ。

ということで今一度。
くちばしのオリジナルはスズキのDR-Z, DR-Bigです。

にほんブログ村 バイクブログへ歴史認識は正しくしておかないとね。

|

« ブレンボバラシ(F編) | トップページ | '06振り返り »

コメント

>カッチーン!
 あはははは、久しぶりにきましたネ(笑)。
最近はいつくるのだろうかと楽しみにもなっています。
 身勝手なLINKからお付き合いさせて頂いています。
webでの世間が又ひとつ広がりました。
 色々とお世話になりました。来年も宜しくお願いします。
いいお年をお送りください。

>なみぞぅ
いえいえ、こちらこそ。
時々眺めに行くseto-sanのブログで
写真、景色、季節感を離れながら感じることが出来、
本当に楽しみが増えました。
こちらこそ宜しくお願い致します。
良いお年を。

投稿: setosan | 2006年12月29日 (金) 08時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163618/13245513

この記事へのトラックバック一覧です: このフェンダーって...:

« ブレンボバラシ(F編) | トップページ | '06振り返り »