« ガエルネ、お前もか | トップページ | 伊豆スカ〜ぶち切れ編 »

2006年12月16日 (土)

まったり大観山

今年あと何回登れるかわからないので、
日差しの暖かいうちにとGallinaで箱根に向けて走り出しました。

各部のゆるみが無いことをチェックし、給油して
小田厚を西に向かいます。
もう10時に近い小田原付近は結構クルマが出ていました。

奥湯河原の渓流沿いの紅葉もそろそろ終り。
落ち葉と乾き切らない路面にちょっとビビりながら、
でも交通量が少ないので気持ちよく
単気筒の蹴り出しを感じながら
日差しで紅葉の赤みが透ける
椿ラインのワインディングを駆け抜けます。

山の上はやはりほとんど葉が落ちてました。
Dscn1192
富士山は雲を襟に巻き
寒空の下、二輪車は数少なくなってきました。

暖かい缶コーヒーを買って、ひさびさにPunto Motoに遊びに行くと
忘年会あけの原田さんがまぶたを押さえる小人と格闘中。
店頭にあるVyrusを眺めながら
今年はちょっと暖かいなど他愛も無い話。
自分の関連会社の人がVyrusを買ったらしい。
暖かくなったら箱根で疾走する姿を見ることが出来るかも。

と店頭のVyrusのタンクに観光客おじさんが
缶コーヒー持った手を置く。ごつい指輪付き。
さすがに原田さん「お手を触れないように」と。
下手すればカローラ3台分ですからね。
おじさんもさることながら、同じバイク乗りでも
触るだけでなく足蹴にする輩もいるそうで...。

話をしている最中にglugluさん通りかかる。
今日はちょっと挨拶だけでした。

Dscn1191 年末年始も開いてるそうです。
Punto Moto。
冬ながらの写真やイベント期待してます。

にほんブログ村 バイクブログへさすがに吹き抜ける風が冷たくなってきました。

|

« ガエルネ、お前もか | トップページ | 伊豆スカ〜ぶち切れ編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163618/13092336

この記事へのトラックバック一覧です: まったり大観山:

« ガエルネ、お前もか | トップページ | 伊豆スカ〜ぶち切れ編 »