« 共振 | トップページ | BS & Lilac »

2006年9月17日 (日)

日仏文化交流

すっかり記事更新をさぼってしまいました。
仕事でフランス人の相手を一週間しておりましたのでちょっと疲れが出たようです。

で、週末、3連休だ。
といっても初日の土曜日は空港までの帰り道でちょっと東京を紹介することにしました。すばらしい天気の中、車でお台場から銀座、秋葉原、浅草と連れ回した時のお話を少々。でもちょっとバイクネタではないです。

1. パナソニックショールーム
フランス人にとって日本の家電は先進を感じさせる物だけど、パナソニックのこのような展示は向こうではなく結構びっくりしていた。家族間の情報を机上のディスプレーで管理することについては、感動しながらあきれていました。

2. 銀座
シャンゼリゼ通りだ。と。
外人観光客がいっぱいいることにびっくり。

3. 大きな勘違い
フランス人は日本へ行くにあたり奥さんからお土産の要望を聞いて来たとのこと。
「せっかく日本に行くんだから、服を買って来てと言われた。襟が立っていて、肩や右胸からずっと下にボタンがある...」
おい、ちょっと待て、その服の描写は
明らかにチャイナドレス。
それは東洋かもしれんが、日本ではないぞ。

4. 秋葉原
もしかしたらチャイナドレスと子供用のお土産があるかと寄ってみました。
土曜午後の秋葉原駅前は5mおきにメイドさんが立ってます。さすがに一緒に写真と言うのりにはなりませんでした。子供用のお土産と思って寄ったゲーム屋の雰囲気にも圧倒され、明らかに理解を超えていた様子。自分の理解も越えていましたけど...。

5. 浅草
銀座と同じく外人観光客の多さにびっくり。
仲見世通りで子供用のおもちゃを購入。向こうでなかなか無いものということでTOMYの室内用ラジコン飛行機を買ってきました。でもこれ改めてウェブサイトを見てみると結構説明が大変そう。果たしてフランス語もしくは英語の取り扱い説明があるのか?もしかして来週は問い合わせのメールが来てしまうのか?
ということはうちでも一機買っとかないと...。
いにしえの日本の片鱗でもと思ったのですが、浅草寺の門も改修中でちょっと風情は無かったかも。それ以上に彼にはお寺の記号がナチスのマークに見えて仕方なかったようです。

6. 東京駅地下の駐車場
成田エクスプレスに乗るため東京駅に送った時に八重洲地下駐車場に停めましたが、周りにはポルシェ911、メルセデスベンツ各種、マゼラーティGT、果てはフェラーリ612スカリエッティまでとフランスでも滅多に見ないようなとんでもない乗り物がいっぱい。金持ちがいっぱいいる国と思われたに違いない。

銀座に車を置いて秋葉原に向かっていたとき、茅場町辺りから乗り込んだ女性達。
ちょっと濃い感じでみんなしてスポーツサングラスをかけていたので、最近はこういう集団も発生したのかなと思ったら、突然流暢な英語でフランス人に声をかける。聞けば三井系の会社の研修で来日しているフィリピン人4人。休日の観光で東京を巡っている途中とのこと。おそらくは日本人じゃないもの同士ということで声をかけて来たんでしょうけど、そういうアクティブさ、変に飾らない感じはそのあと見た秋葉原のメイドさん達と対称的かも。

萌えているだけだといつか経済的、技術的だけでなく文化的にも日本が消失してしまうんじゃないかなんて思いながら、暮れ行く保土ヶ谷バイパスを走ってました。

にほんブログ村 バイクブログへバイクネタじゃないのでこいつをつけるのがちょっと気が引けるのですが、まぁ許して下さい。続けてどんどん更新してきますんで...。

|

« 共振 | トップページ | BS & Lilac »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163618/11930638

この記事へのトラックバック一覧です: 日仏文化交流:

« 共振 | トップページ | BS & Lilac »