« パリ紀行〜バイク編〜 | トップページ | Goose644 »

2006年5月21日 (日)

パリ紀行〜鉄道編〜

パリ出張の合間の出来事をちょっと記してます。車は車の方にちょっと書きましたので他の交通機関についても。

出張中パリとヴェルサイユの間を行き来しないとならないので、
Dscn0322 Dscn0324 鉄道を使いました。ご存知の方も多いと思いますが自転車持ち込み可です。(無理矢理二輪につなげる)電車の乗り口の脇に自転車を吊るす場所が設けられてました。
ちなみにパリは南西の玄関駅となるモンパルナスを使いました。街の中心は地下鉄に任せ大きなターミナルを数カ所置くと行った感じ。首都東京も昔は東北関越の玄関上野、東海道の玄関東京、甲州の玄関新宿だったんですけど今は全部東京(今も上野は終着駅の雰囲気が残っているかな)。なんでも集中させる便利さと引き換えで失った物も多い気がしたりして、パリと東京を比較すると。

ちなみにヴェルサイユーパリ市内間の運賃は2.65ユーロ。パリ市内は1.4ユーロ。初乗り200円くらいということなので日本と同じくらいなのかな。参考までにヴェルサイユからシャルルドゴール空港までは10.45ユーロでした。
結構本数もあるので、使い慣れてくれば便利なのかも。
尚、地下鉄は東京の地下鉄よりわかりヅライです、自分には。

|

« パリ紀行〜バイク編〜 | トップページ | Goose644 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163618/10163432

この記事へのトラックバック一覧です: パリ紀行〜鉄道編〜:

« パリ紀行〜バイク編〜 | トップページ | Goose644 »