2017年4月23日 (日)

イタリアが自由を取り戻した日

出張でイタリアなのですが、
なんと仕事上の節目が近い来週の月曜火曜と
仕事の相手先が休み。

その理由は火曜日4月25日がイタリアの終戦記念日で、
「解放記念日」としてお祝いの日とのこと。

日本の終戦記念日 8月15日はお盆でもあり、
大概夏休み期間なので休日というわけでもないが
休んでいたりしますけど、
「祝」日という感じの日ではなく黙とうをささげる厳かな一日。

そんな終戦記念日をずーっと思っていた自分にとって、
解放記念日としてお祝いしてしまうのは
さすがラテンの血、と最初思ったのですが、
とんでもない誤解でした。

私が不勉強なだけでしょうけど、
子供のころから歴史の教科書で第二次世界大戦の枢軸国
三国同盟を日独伊で結んで、連合国と対抗した。

その一国であるイタリアなので、
終戦の日は敗戦の日でもあるはずなのに、
お祝いをする背景としては

三国同盟としてナチスと手を結んでいたのは
ファシスト政権であって、国民のほとんどは反政府勢力で
実質占拠していたナチスドイツに対して
抵抗をしていたとのこと。

なので南から徐々にドイツ軍の占領から解放していった
アメリカ軍に対して友好的で、
終戦の日はファシスト政権が倒れ、
国民が自由を取り戻した解放の日でお祝い。

という歴史があるとのこと。

そのさなかでは反政府の国民が一人ナチスを傷つけると
10倍、100倍返しの仕打ちを受けていたり
イタリア人同士がファシスト側と反ファシスト側で傷つけあった
悲しい歴史もあったそうだ。

という話を出張先のイタリア人から聞いて
すごく自分のイタリア感が変わり、
彼らの自由気ままの「自由」の意味がすごく重く思えた。

期せずしてクルマ業界の中でも日独伊の三国は大きな存在。
数ではイタリアは決して大きくないけど、
自動車という人間社会の中でも意味の大きいものに
イタリアがもたらしてきた思想、思いを改めて感じた。
そして戦前戦中からのトッポリーノ、戦後のチンクェチェントが
そんな思いをずーっと受け継ぎ、
今の新しいチンクェチェントにもつながっている気がした。

思わず素敵な出張になってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 7日 (土)

あけましておめでとうございます2017

あけましておめでとうございます。

遅ればせながら。
Img_0999_2
今年もよろしくお願いします。
昨年は音楽活動に週末をかなり割いていたので
あんまり車いじりや乗ることができなかったなぁ。
なので、今年はもっときちんと維持のための手入れや
乗っての遊びに出ていきたいと思います。
マーチ君は多分今年で30万kmの王台に乗るかと。
今の所エンジンマウントがガタガタになっているので
そこをまず手を入れないと。
足回りのオイル漏れもそろそろまずいかもしれない。
結構フカフカになってきたので。
サニトラはとりあえず元気。
昨年はサニー生誕50周年だったので、
イベントもあったけど
今年は特にないだろうなぁ。
バイクを乗せてのトランポで
また活躍してもらおう。
チンクもとりあえず元気だから
今年は大磯の湘南クラシックカーを覗きに行こうかな。
恒例の石和温泉と赤レンガは出よう。
車検もあるしginjiさんとまたツーリングなんかもしたいなぁ
音楽活動は会社のバンドでもう少しやりたい曲を増やそう。
いろいろ練習もしたいし。
11月にはまた町田でやろう。
今年もいろいろ飛び込みの話も対応していきたいな。
面白い出会いもあるし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月13日 (日)

横浜ヒストリックカーデイ

久しぶりの更新です。
久しぶりのチンクでイベント参加です。

毎年この時期に行われている横浜ヒストリックカーデイ。
赤レンガ広場にいろんな旧車が集結するイベント。

土曜の開催なので朝は渋滞でちょっと遅れましたが
無事に参加できました。

爽やかな青空に遠くに見える飛鳥2



停めた場所も馬車道方面からの横断歩道を渡ってすぐなので
いろんな人に「かわいい〜」とか言われて調子に乗っていました。

でも子供含めて日テレのジブリウィークのおかげか
「ルパンのクルマー」という声の多いこと。

CARSのルイージは完全に記憶の隅のようです。

それにしてもみんなイベントを眺めながら、
「ナンバー付いているから個人の持ち物?」
という声が意外に聞こえた。
逆にそれ以外でクルマを並べるイベントってあるのかな?
と思ってしまうけど、
もしかしたら今の多くの人にとって
クルマを個人が所有している事や
趣味で展示するようなクルマを個人が持っている
という風に思えないくらいクルマが遠い存在に
なっているのかと気になってしまった。

うちのクルマの後席に雑多に積まれた荷物を見て
「あー、個人の持ち物っぽいね、生活感溢れてる」
と言われているのに苦笑いですがw

ひながのんびり、時々通りすがる見物の人と
会話を交わしながら過ごせたイベントでした。

来年もいい天気だといいな♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 9日 (月)

チンクと炭と燃焼と

連休も終わりですね。





と言ってどこかに行ったというわけではないのですが、


チンクで久しぶりに東京まで出てみました。




ここのところトラブル続きだったので


恐る恐るの高速道路走行だったのですが、


難なく走り切りました。


これなら石和温泉のイベントも


とりあえず大丈夫そう。




ただ久しぶりの運転は


スロットルワークの勘所を忘れかけているのを実感。


小排気量車だからじんわりと踏まないと


エンジン回転上昇がついてこない。


でもその操る感じが楽しい。




で、話は飛びますが休み中に


実家に帰っての庭での炭火焼。


Img_3251




この炭火を起こして


火力を程よくコントロールする


というのもまた楽しい。


空気の流れと周辺温度を


うまいこと考えて配置して


火力をコントロールする。


当たり前の物理現象を考えながら


事の次第をコントロールする楽しさ。




これが実に内燃機を操る感覚と似ている気がする。


小排気量で負荷がそのままピストンスピードに影響するエンジンを


その時の状況をスロットルに対する加速度変化で見極めて

適切なバタフライの開度を探って力を引き出しながら走る。

空気の状況は日々刻々変わり同じ事はない。

その時々に応じてスロットルペダルを操作する。
それに応じた流速でベンチュリーを駆け抜ける空気と
それに引き出されるガソリンの霧、
力一杯吸い込もうとするインテークバルブの
負圧の具合に最適な開度を
連続してコントロールできた時の快感。

焦って開けすぎてベンチュリー周りの流速が落ち
ガソリンが充分吸い上げられないでストールする
エンジンをかばって半クラッチで負荷を緩和し、
ピストンスピードを上げながら
スロットルを閉じて再度最適な流速を探り
力強く回りだしたエンジンに
クラッチを再度つないでのリカバー。

エンジンブレーキで燃焼状態が乱れたシリンダ内に喝を入れる
再加速前のシフトチェンジ時のブリッピング。

炭の状況を見ながらジワジワと
赤らみが眩しくなるよう
細く息を吹く火起こしと通じる楽しさ。

燃焼という様々な化学変化と環境物理条件の絶妙なバランスの下で
ものすごいエネルギー変換が行われることを、
自身の感覚で絶妙にコントロールする楽しさがそこにはある。

この楽しみって古いクルマだけでしか味わえないんだろうな。
しかもパワーの無いクルマだけでしかw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月30日 (土)

チンクバッテリー交換

連休です。

先日久しぶりにチンクに乗ろうとしたら、
見事にエンジンかかりませんでした。

セルモーターは先日オーバーホールしたので
今度はさすがにバッテリーかなと。

今年もこの後石和温泉やいろいろ走るので
少し元気なバッテリーをと思い
オートバックスでちょっと良さげなバッテリーを調達。

オリジナルブランドを装うものですが
中身はパナソニック製。

普段はあまり使わないのに
乗る時はいきなり思いっきり放電させるので
ちょっと良い目のものの方が良いと判断しました。

載せ換えて最初のスターターは
壊れたかと思いました。

信じられないスピードで回ってましたw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月27日 (土)

チンクオイル交換2016

いい天気の土曜日。

先日セルモーターを直して
調子を取り戻したチンク。
ちょっとオイルが汚れているっぽかったので
オイル交換に行きました。
Img_2924空冷なので
オイルには敏感。
いつもお世話になる
家からちょっと走ったところの
オイル屋さん。
MOTULをおごってしまいます。
とはいえ、レースをやるわけではないので、
普通に使うオイルとして4100 POWERを。
Img_2926なんかのポスターみたいですが、
待合室からの景色。
4Lのオイルボトルですが、
半分だけしか入らないので
持ち帰りです。
帰り道はさらに調子良かったですw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 6日 (土)

チンク復活

先日清掃したセルモーター。
Img_2859 硬化して割れた
ラバーブーツは
いつもお世話になっている
ギンジさんから
送ってもらって修理です。

併せて取り外したシュラウド。
Img_2845 実は排気口が
開きっぱなしになって
暖房の効きが
悪くなっているかな
と思って外してみたら、
どうやらこのドアシャフトの
軸受けのガタが大きくなってしまい
最初っから開きっぱなし
開けたい時にはシャフトがずれて
十分開かない状態に陥ってました。

なので、修理です。
Img_2847 2mm厚の
スペーサーでも
作らないとならないかな
と思っていたのですが、
2mm厚のアルミ板を
ぐるっと巻きつけたら
なんとちょうどいい塩梅。

Img_2846ついでにスポット溶接が
はずれているブラケット。
これもスポットの位置に
穴を開けて
全てリベット止めで
修理をしてしまいます。

Img_2848 これで
シュラウドも復活。
ちょっと軸受けの
アルミが長いので
摺動部の抵抗が
気にはなりますが。

で、これらの部品を今日組み付けです。

Img_2881 勝手わかってきた
セルモーターの装着。

ケーブルとの接続は
ピンをしたから出してみます。
次回また外す時
その方が曲げたピンを
外しやすいので。
あんまり外したくないけど。

Img_2883 で、再びデスビを外して
シュラウドも装着します。

充電し直した
バッテリーを搭載して
エンジンをかけてみます。

...。

あれ?かからないぞ。
とセルを回しているうちに
せっかく充電したバッテリーも弱ってくる。

これはいけないとサニトラ接続。

再びセルを回してみると
とんでもない高回転でセルが回ってくれる。
整備した甲斐があると言うもの。

と言うもののかからない。
スロットルを煽ってみると
変なところでボスンボスンと
聞きなれない爆発音がしてかからない。

まさかと思ってプラグコードを
1番気筒と2番気筒をひっくり返してみる。

と、なんと一発でかかるじゃないですか。
いつの間にひっくり返してしまったのかな...(- -

無事に復活しました。
しかもセルはサニトラの援助を外しても
今まで聞いたことないくらい元気に回ってくれます。

ということで無事に今年もイベント参加できそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月23日 (土)

チンク セルモーター清掃

昨年12月24日に回らなくなった
チンクのセルモーター。

引いたレバーの戻りが悪かったので、
内部の動きが渋くなってきて
回りが悪くなり電気を食っているのかな
と思って外して分解清掃してみることにしました。
Img_2808
エンジンを載せたまま
シュラウドの一部を外して
セルモーターを外します。
一番大変だったのは
シュラウドから出ていた
暖房用温風のダクトが
貼り付いていたのを外すことだったかも。

で、外したモーター。
Img_0791
多少汚れを落として
分解を始めます。
久しぶりにHaynesの
ワークショップアニマル片手にバラします。

Img_0792 スライドギア周りに
ちょっと汚れが付いてて
ローターの回りも
ちょっと渋い感じでした。
ワッシャーの入り方も
ちょっとこれでいいの?
という感じではありましたが。

Img_0793 ブラシ周りです。
とりあえずブラシは
十分な長さがありますので
まだまだ持ちそう。
コンミテータの方も
特に磨耗しているわけでもなく
電極周りには問題はなさそうです。

Img_0795 なのでとりあえず
部品清掃して
組み上げていきます。
これまた久しぶりの
WAKOSのエンジン組付けペーストを
塗りながら組み上げていきます。

一応ローターの軸受けメタルには
エンジンオイルを塗布しながら。
Haynesにはオイルに浸しておく
とありましたけど。

Img_0796 で、組み上げたモーター。

結構軽くレバーも
動くようになりました。
レバーの付け根のダストカバーは
完全に硬化してしまっていたので
新品を取り寄せ中です。
それが動きを妨げていたところもあるかも。

きちんと回るかどうかは
ダストカバーが来た後に組み付けてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 4日 (月)

2016年 あけましておめでとうございます(車編)

2016_2


あけましておめでとうございます。
遅ればせながら。

昨年末にエンジンかからなくなったチンクですが、
多分セルモーター周りで漏電しているのと
ギアを押し込む構造、スイッチとのリンクが
どうやらおかしくなっているのでしょうね。
とにかく今年はそこを治すことがまず最初ですか。

サニトラはサニー50周年のイベントに向けて
きちんと走れる状態を維持しておかないと。
あと鼻先の汚れも落とすようにしないと。
かなり硬くなってしまっているので。

マーチ号は今の調子を維持することと、
長年つけることができていない
ツィーターをつけようかな。
あと、いい加減タイヤを新しくしよう。
右後ろの一輪はスローパンクで毎回給油時に
空気足しているので。

で、音楽の方は飲み屋のマスターのバンドの他に
もしかしたらレベッカバンドの立ち上げに
参加するかもしれませんし、
あとトリオ編成のバンドも立ち上げるかもしれない。

そんな時間あるのか...?

ま、楽しんでやっていきます。
今年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月25日 (金)

よりによって...w

世間はクリスマスイブの昨日、
一足早く休み突入でもあったので
調子に乗ってチンクで近所のショッピングモールまで買い物。

夏に車検に出して、フロアを直し
ちょっと始動性が悪くなってきたのも
バッテリーかな?
何て思って充電しておいたバッテリーをつなぎ
そんなに調子悪くなく出発したのですが...。

なんと、買い物を終えて駐車場でエンジンをかけようとすると

かからない...。

セルは回るのですが、
圧縮に負ける感じでクランクシャフトを
回してくれる感じがしません。

何度かやってみるもののかからず、
駐車場を押して表に出そうとゲート近くまで。

ガードマンの方が、気付いてくれて
表まで押すのを手伝ってくれ、
その後駐車場脇の納品場所まで誘導。

おそらくはセルモーターのブラシか
コンミテータが寿命を迎えてしまったか
ということでJAFに電話。

駆けつけるまで1時間半とのこと。

かみさんを迎えに行かねばならないというのが
一番の気がかりで、
ちょっと押してみてかかるか
と試してみると別のガードマンさんが押してくれて
加えて納品に来ていた佐川の方も押してくれた。

サードギアでクラッチエンゲージ、
なんと一発でかかる。
ガードマンさんも「あ、かかるんだ」と
ちょっとびっくりだった様子。

なんとかエンジンかかってこれで帰れる。
止めちゃダメだけど。

とりあえずJAFにキャンセルの電話を入れて
ガードマンと佐川さんにありがとうと伝えて
モールを後にしました。

無事に帰れて今日に至るわけですが、
チンクは調子悪いままで年越しになります。
多分セル周りのリンクか何かが調子悪いのかなぁ。

年明けたら見てみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧