2019年8月16日 (金)

高畑勲展とPixar展

久しぶりの投稿です。

チンクは元気です。名古屋行ってきました。無事帰ってきてます。

サニトラもバッテリーは弱ってますが元気です。

マーチ号も元気です。チリチリ音の理由はエアクリーナーBoxのクリップが一つ外れていてそれがダッシュロアパネルを叩いていたのが原因でした。

 

久しぶりすぎるけど車ネタでは無く、夏休みの自由研究でもない展覧会見学の話です。

Pixar展を六本木ヒルズの上に行ってみてきました。色々最近のコンピュータを駆使したアニメーション技術を事細かに見ることができて、それなりに楽しめました。
そういえばそんなレイトレーシングをパソコンでできるようにしたはしりがAmigaであり、当時Silverだったかな。自分はそこまでのめり込まなかったけど。もう卒業に近い時期で今の会社に就職が決まっていたような時期だったし、そもそも自転車からバイクへと実際の機械いじりの方にのめり込んでいたから。Amigaにそこまではのめり込めなかった。

でも海外のAmiga雑誌からwwwの存在とか通信とかの時代の移り変わりは肌で感じていたのかもしれない。

またPopulousのようなマルチタスクを活かしたゲームに触れられることで、単に絵がキレイになっていくゲームに全く興味を持てなくなったのも、今となってはいい経験だった気がします。

で、Pixar展ではいろんなキャラクターを生かすために様々な技術が使われていることを実感できました。

でもそういうキャラクターを生かす動きをコンピュータで計算させるでは無く、人間が考えて描いて作るということをやっていたのが昔のアニメーションだったんだよなということを痛切に感じさせてくれたのが高畑勲展でした。

日本のアニメの黎明期から今までを支えてきたような高畑さん。

ホルスの冒険の頃からの直筆(の青焼き)資料とかを目の当たりにすると、本当に緻密に色々考えて作られていたことを感じました。周りを支えてきた大塚さん、宮崎さんの直筆の絵コンテや脚本もみることができる素晴らしい展示会でした。

その高畑さんが最後に行き着いたアニメーションの表現方法が鉛筆の下書きすら残すような生き生きとした線を動かしたかぐや姫というのが、先に見たPixar展と対照的ですごく面白かった。

それにしても昔の日本アニメーションの作品たちは絵の作り込みもさることながら、音楽もどう場面とキャラクターを生かすかとかすごく考え抜かれて作られていたことも改めて感じさせられました。場内で部分的にハイジや母を訪ねて三千里を上映していたのですが、母を訪ねて三千里のマルコがジェノバの街中を駆け抜けて学校から帰ってくるシーンの描き方とそれに添えられた音楽の巧みさは鳥肌ものでした。
それが今の宮崎さんの映画にも活きているんだなと感じさせられました。

アニメーションがまだ子供のものという扱いを受けていた時に、アニメージュが創刊されたのが中学1年の頃だったと思います。創刊号から何号かは買って持っていたはずなんだけど、引越しで処分したんだよなぁ確か。

そのアニメージュを編集していたのが鈴木さんということなので、鈴木敏夫さんの展示会に行けなかったのが悔やまれます。

アニメーションもコンピュータで省力化で作れるようになっていった時にその省かれた力を何につぎ込むのか、改めて考えさせられた対照的な展示会でした。

| | コメント (0)

2019年2月23日 (土)

19年初記事

大変久しぶりの投稿です。

今年の年頭挨拶もせずでしたが、
昨年夏に妻方の祖母が旅立ったので。
ここのところSNSの方で随時何かつぶやいているので
こちらがおろそかになってしまっています。
一応昨年秋にもまた横浜とかにチンク並べていました。
Img_9271その他縁あって旧車天国にも
実は並んでいましたが。
今年は石和には行きたいなぁ、
去年は急遽南米出張があったので
行けなかったので。
また今年もこの赤煉瓦にも並べたいですしね。
変わらず調子はいいチンクなので。
サニトラは今年から置き場を変えることになり
ホロをかけて過ごしています。
ホロって車汚れなくていいなぁ。
マーチ号も相変わらず調子はいいので
それをなんとか維持して31万キロ目指さないと。
また時々書きますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 4日 (土)

Airpod

唐突ですが電車に乗る時などに、
AppleのAirPodsを使っています。

正直地下鉄に乗ったりすると、
遮音性という意味ではかなり劣るのですが、
周りの音の入り方の感じが
かつてのWalkmanの小型のオープンエアヘッドホンの感じに近い。

Appleのポリシーとして「周りから断絶されない」っていうものがあるかなと感じてしまう次第。
かつてWalkmanも音楽を連れ出そうであって
表で引きこもろうではなかった。
高校生の頃Walkmanがいろんな景色に
そこにあったもの以上の想い出をくれたのは
そんなオープンエアヘッドホンのおかげだった気がする。

今一度あのオレンジのヘッドホン作ってくれないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月22日 (金)

LPレコード

学校帰りにイトーミュージックに寄って
貯めておいた小遣いで買ったLPレコードを抱え
京成電車と営団地下鉄で急いだ帰路

Permostatで静電気防止をした盤を
ターンテーブルにに載せて回転速度調整

逸る気持ちを抑えながら静かに針を落とす

それから約20分ステレオの前で
目眩く音が描く新しい世界に浸る

余韻を残しながら終わるA面を
おもむろに返して再び針を落とす

余韻のまま、または突き崩して始まるB面
アルバムの終わりに向けて再び約20分

足を速めて中心に向かうカートリッジが
静かな作動音と共に盤を離れる

深く息を吐きながら一枚の新しい世界の興奮を振り返る

何と引き換えにこの時間を失ってしまったんだろう...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 3日 (日)

マーチ号ブレーキサビ落とし

昨年9月に車検を受けたとき

フロントのショックからのオイル漏れと
ブレーキ周りの刷新の話を相談。
まだK11用のNISMOショックが出るということで
併せて足回りのブッシュを全交換を3月末にしました。
新品のディスクの食いつきの悪さもこなれて
昔ながらのフィーリングに戻っているのですが、
Img_7974
どうも新品のはずの
リアのドラムが
見事に錆びている。
2ヶ月で結構な赤錆。
普通のホイールならば
隠れて見えないところ
なのでしょうけど。
ということで、
青空ガレージです。

Img_7970

と言っても
ホイール外すだけですけどね。
見事に覆われていない
部分が赤く錆びています。
以前のドラムは
黒く塗られていたと思うのですが。
Img_7971なので、
とりあえず
真鍮ブラシで
赤錆を軽く落とします。
おそらく水が多少溜まる部位が
錆びている具合のようで、
ホイールに隠れているところは
あまり錆びてはいない。
Img_7972で、いつもの
赤錆チェンジャーを
ちまちまと
筆塗りしてあげます。
馬かけて上げたら
ドラムを外してスプレー
というてもあるのでしょうけどね。
Img_7973_2で、こんな感じ。
ホイールが当たっていたところも
少し錆びているらしく
赤錆チェンジャーのおかげで
黒く色が変わっています。
元々は銀色の表面に油引きされていたようです。
が、防錆機能としては...。
ってこれをやったら
今度は合わせて交換したフロントディスクの
付け根のところの赤錆が気になる〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 5日 (土)

チンクチェント ステアリングギア注油

1ヶ月強前からチンクのステアリングフィールに

少し違和感が出ていました。
感じとしては直進路で少し舵を当てようとすると
ジャイロ効果を過剰に感じて転舵しづらい感じ。
ハンドルが切れないわけではないのでと
Haynesを眺めて見ると、
どうやらステアリングギアボックス内の
オイルに問題があるっぽい。
Img_7684なので天気の良い連休、
久しぶりにチンクいじりの
青空ガレージ開業です。
これまた久しぶりに
前足に馬をかけて
持ち上げて
ステアリング周りの
リンケージのガタを確認。
とりあえず問題になりそうなガタは感じられない。
またハブ裏のキングピン周りのグリスも
切れてはいなさそう。
で、問題のステアリングギアボックス。
Img_7683
Haynesによると
車載の状態のままでも
作業ができるということ
なのだが、
それ以前にアンダーコートで
ドレンプラグも覆われている。
幸か不幸かこの辺りは手に入れて以来二十数年
トラブルに見舞われていないので
いじったことがない。
そのためまずこのアンダーコートを剥がして
ドレンプラグをむき出しにして、
工具をかけて回す...8mm角の四角頭を回るのが一苦労。
車いじりも久しぶりなので、なぜかあるはずの
モンキーレンチが見つからないという不手際もあり
外すまでに2時間近くかかってしまった。
Img_7686正しくは
工具箱の中ではなく、
車に積んでいる工具袋を見ると
モンキーが積まれていることに
気づくまでに1時間50分
だったんですけどね(^_^;
外して見るとプラグは全く油っ気なし。
なので、どうも内部のオイルは
完全に漏れてしまっていたらしい。
ということで、MOTULのギアオイルを注入。
約70ccほど入れたところで溢れてきたので
そこでプラグを締め付けてみました。
試乗してみるとステアリングの違和感はなくなり
スムーズな操舵感に戻っていましたので
やはり引っかかる感じはオイル切れに伴う
各部の引っ掛かりだったと思われます。
Haynesにもこのギアボックスは
手入れをすれば車の寿命以上に持つとありましたので
油漏れを見つけたところで
油量を適切に診てあげれば良かったのかも。
これからはプラグ外しで苦労することもないので
きちんと見る時にみてあげます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日)

新年のあいさつを忘れてましたw




遅ればせながら新年のあいさつですw

ここのところブログのアップが滞ってましたが
多分ペースはあまり変わらずだと思います。
とりあえず安定しているので。

クルマは今年もチンクで石和と赤レンガ倉庫は参加したいですね。去年赤レンガを逃したので。
もう少し週末のお出かけ頻度も上げたいですし。

サニトラもホントはトライアラーを仕立ててトランポとしての役割を復活させようと思ってましたが、バイクの方が準備できませんでしたし、モンキーは盗まれるしでしたので。

マーチ君は30万キロ超えてとりあえず足回り刷新ですが、そろそろブレーキもキレイに新ためようかと。
天井の塗装もなんとかしたいんですけどね。
あとアルミテープも何かやってみようかなw

音楽活動は今年はハードに行きます。
先ずは春先に、の予定です。

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月31日 (日)

2017年まとめ

2017年もあと数時間ですね。

今年は結構会社のサークル活動に土曜日を費やしたのと
せっかく横浜赤レンガ倉庫のイベントを
気がついたら締め切りになっていたという
失態で逃したので、
イベント参加ではもうちょっとがんばりましょう
という感じでした。

マーチ号は無事に30万キロを超え
足回りを一新したら
すごく静かになったのは幸いでした。

サニトラも順調に走っていますが
訳あって防盗の為ステアリングロックを追加しました。
まだまだ乗り続けたいので。

では良いお年を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月13日 (月)

JVC HA-S160

過日、ほぼ衝動買いのような感じで

ヘッドフォンを買ってしまいました。
インナーイヤーヘッドフォンを愛用していたのですが、
ふと初めて手にしたWalkman 2の
あのオレンジ色のオープンエアヘッドフォンが
決して音は良くなかったと思うのですが、
雰囲気と景色に音を添えてくれる感じが
なんとも懐かしく、
そんな音楽との付き合い方を
またしてみたいな
と思ったので。
インナーイヤーは確かにいいものはかなり
しっかりと没頭できるように聴かせてくれますが
外でそんなに音楽に没頭するのも危ないし、
せっかくの流れる景色に目を向けないほど
重要な音楽を聴くわけでもないし。
ということでそんなオープンエアヘッドフォンが
何かないかなと探してみたものの
そういうものがない。
Audio-technicaでないことはないが、
実際に聞いてみると
私にとってはかつてのWalkman純正MDR-4の
記憶とちょっと違うニュアンスで
良くも悪くも真面目に忠実に音を出している感じで
心が動かなかった。
それ以外でと見つけたのが、JVCのHA-S160
もともとニッパーくん好きなので、Victorは歓迎。
オープンエアではないけど、
小さいドライバなので密閉式とはいえ
密閉度はとても低い。
かけごごちは極めて軽く
周りの音もしっかり聞こえる。
なので、買ってしまいました。
色はWM-2の純正オレンジはないですが、
好きな色でもあるのでキャンディレッド。
街中で見かけるヘッドバンドタイプって
みんながっしりした密閉式で
「何も聞こえないよ、音楽以外」って感じですが
違った雰囲気を醸しだせないかな。
Img_6633確かに昔はオープンエアで
シャカシャカ漏らしまくって
迷惑かける人もいたけど、
一回りして
音を生活に添えるという
元々のWalkmanの
もたらせてくれたものを
楽しんでみたいな、
なんて気がしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

自動運転の楽しみって

最近自動運転という言葉をCMでも時々耳にする。

電動車と併せて。
サニトラとチンクはキャブ、
マーチもインジェクションとはいえ
スロットルペダルは直接バタフライを駆動している。
まさに燃焼させるための混合気をどう作らせるか
キャブの気持ち、ジェットの上の空気の流れ、
ピストンスピードに応じたバタフライバルブの開度で
吸入負圧をうまく流速に繋げて充填効率をあげる
(みんな気持ちですけど)
小排気量のエンジンを最大限使いたいという
気持ちを込めて運転できる楽しい車たち。
内燃機の進化でいうと、
もともと燃料供給量も、空気供給量も
別々に操っていて
点火系も点火時期を回転と負荷に応じて
ステアリングの中で調整できた。
それらがキャブレータという形で
一本のケーブルでスロットルペダルで
コントロールできるようになり、
点火時期はエンジン回転を利用した
進角調整機能で調整不要、
さらには電子制御に至っている。
操作の面倒さを排して運転に集中できるように
進化して来て、ここでまた進化する具合なのでしょうけど。
運転そのものを別のものに委ねるということで
運転は楽しむものではなくなるということなのでしょうかね。
何か別の次元の楽しみがそこにはあるのかもしれませんが。
どんな楽しみなのかはこれからのお楽しみ
なのでしょうけどね。
一昔前にパソコンゲームで
プログラムに沿って動く戦車同士を戦わせるゲームがあり、
プログラミングの巧みを競うようなものでしたが、
まさか自動運転の楽しみってそっちに行ったりはしないよなw

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧