« イタリアが自由を取り戻した日 | トップページ | 手綱を電動化した乗馬は楽しいかな? »

2017年6月11日 (日)

チンクダイナモブラシ交換

先日、久しぶりにチンクに乗ろうとしたら

いつまでもGENERAT.が点きっぱなし。
Img_5500
これって...とHeinsのマニュアルを見ながら
ダイナモの電圧を測ってみると
1Vくらいしか出力されていない。
ダイナモをバラして見て
ブラシの具合だけでも見ようかと
挑戦したものの、同軸で繋がれている
シュラウドの中のファンのナットが外せない。
なのでいつものギンジさんのところへ。
と言ってもこのワーニングランプが点きっぱなしで
どのくらい走って大丈夫なのかよくわからない。
この状態だと点火系への給電をバッテリーのみで
行なっている状態。
どのくらいバッテリーが持つのかはよくわからない。
なのでバッテリーを持って発進、
10kmまではJAFも無料のはずだ、と発進。
結局特にドラマはなく無事にギンジさんのところで修理。
部品を取り寄せて修理なので1週間お預けでした。
Image1jpg
で結局ブラシがやはり
新品の半分の長さにまで磨耗、
ダイナモのベアリングも交換してもらい、
絶好調になって帰投。
ファン内部の様子などからも
どうやら20年来ブラシは
交換されてはいなかった模様。
確かにここは手を入れた覚えはないw
無事に調子を取り戻して、来週はちょっと遠乗りです♪

|

« イタリアが自由を取り戻した日 | トップページ | 手綱を電動化した乗馬は楽しいかな? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163618/65399554

この記事へのトラックバック一覧です: チンクダイナモブラシ交換:

« イタリアが自由を取り戻した日 | トップページ | 手綱を電動化した乗馬は楽しいかな? »