« 指先 | トップページ | イタリアが自由を取り戻した日 »

2017年4月 2日 (日)

音声認識?

土曜日の朝、お札を出されて
「細かいのある(komakainoaru)?」
と聞かれた言葉が
「この赤いのある(konoakainoaru)?」
と聞こえて
「え?(オーストラリアじゃないし...)」
と答えに詰まりムッとされたw

人間の音の認識って微小な時間変化も聞き取って、
聞き取れなかった情報を補完しながら
解釈しているのだろうなと感じた土曜朝だった。

子音の立ち上がりと余韻をできないと
言葉の認識に障害が出るんだろうなぁ。
なので、ただゆっくりしゃべってもこの子音認識をしてもらわないと、
母音の連続になって余計わけわかんなくなるのかも。
滑舌の良さとか聞き取りやすいしゃべり方もこれだったりするのかな。
音声認識とか聴覚障害対応の音声プロセッシングの中では
あたりまえの技術なのかもしれないけど。

フランス語の音声認識とかって大変そう...w

音楽に対してもこの時間差認識ってあるんだろうな。
同じ演奏しているつもりでもほんの少しのズレが心地良さに繋がったり、
それがツボにはまらないのでいい感じに聞こえなかったり、
いい感じで倍音が響く楽器だとやっぱりよく聴こえたり。
電子楽器でもこの微小な時間のズレを
たまたま(意図せず)作られた回路が創り出せると
代え難い楽器になるんだろうな。

またAIには創れない世界を見出した気がした。

あ、それを聴く側が感性を失うと意味ない世界だけどwww

|

« 指先 | トップページ | イタリアが自由を取り戻した日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163618/65097241

この記事へのトラックバック一覧です: 音声認識?:

« 指先 | トップページ | イタリアが自由を取り戻した日 »