« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月31日 (金)

低反発イヤーチップ

昨年末のインターナショナルオーディオフェアの
展示会場で売られていて、
結局最近買った
オーディオアクセサリー別冊。

Dscn6692 おまけで
インナーイヤーヘッドフォン用の
低反発ウレタンのチップ
一応プレミアム物という
コンプライ製のモノが付いてきた。
そんなにいい物なのか?
その低反発もの。

ということで試してみようと思ったが、
コンプライのH/Pを見ると
HP-FX500が適用表には無かった。
どうやら400の方が使えるようだったのだが、
どこかに行ってしまったので、
VICTORの純正品を試してみることにした。

確かに密閉という意味では
確実にフィットするようで
遮蔽はきちんとされる。

けど、よくよく聴いてみると
どうも高周波の微妙な音が
吸収されてしまうらしい。
ハイハット、シンバルを叩く
ドラムスティックのアタック音などが
どうも小さくなってしまう。

再び使い慣れたシリコンチップに変えると
その辺の音がきちんと復活。
そのおかげで音がクリアに聴こえる。

どうやら自分はシリコンチップで
十分楽しめるらしい。

とはいえコンプライのチップは
ダクト部分にシリコン?が入った
ハイブリッドの様なので、
高周波の吸収を抑えて且つ密着するの
かも知れない。

なので、どこかに行ってしまった
付録の400をもう一度探してみよう。
結論はその後かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月26日 (日)

サニトララジコン

顔本で会社の先輩から紹介されて
調子に乗って購入しました。
中国製のサニトララジコンです。

Img_0322 表の右端を見ると
NISSAN OFFICIAL
LICENSED PRODUCT
とあります。
ネットで購入しましたが、
そちらのサイトでも
正規品とのふれこみで
売られていました。

Img_0323 箱を開けて
中身を見てみます。
きちんと段ボールの
内箱に固定されています。

自分のサニトラと同じ
ホワイトボディのものに
してみました。

Img_0324 注目はこの内箱への
固定方法。
ネジを使ってしっかりと
固定されています。
が、このネジが実は
ちょっと舐められていたりする。

Img_0325 これがその固定ネジと
プラワッシャー達。
これらの部品は
固定の為だけに使われて
即廃棄だったりします。
さすがは中国、
同じ工具で一気に締めてしまえる方が
合理的とでも考えているのでしょう。
もったいないという感覚が
いつの間にか失われているのかもしれません。

Img_0331 それはともあれ
クルマの出来はこんな感じ。
2000円程度なので
贅沢は言えませんが
それなりのカッコにはなってます。
ちょっとホイールが大きいのと
フロントオーバーハングが長いのは
ご愛嬌。

Img_0329 その、フロントオーバーハング
ヘッドライト点灯の為の
LEDが仕込まれている!
そのLEDに向けては
空中配線が施されていて
とてもシンプルな作り。
というか日本製ではあまり考えられない
乱暴な作りという言い方もあります。

Img_0332 だんだん中国製の
本領発揮という感じで、
この送信機の電池蓋。
爪とネジを併用した
固定方法なのですが、
通常はネジもしくは爪の
どちらか。
両方というのはよほどの
安全設計ということか。

Img_0333 しかも親切なことに
ネジは脱落しない様
プラワッシャで
抜けない様に規制。
そのおかげで下側の爪を引っ掛けて
回転させると
ネジが引っかかって両脇の
爪を嵌めることが出来ない
というオチが付いたりする。

きっと日本製のおもちゃで
ネジの脱落防止構造を見かけて
よかれと思って取り入れたんでしょうけど
それを成立させる為の知恵までは
学ばなかった典型かもしれません。

Img_0335 このラジコン
屋外専用と書いてありました。
タイヤは一応ゴムか
硬質ウレタン。
見事にフローリングの上では
グリップしません。
結構うるさいので、
そのせいもあって屋外専用かもw
ちなみにフローリングの上では
見事なドリフトマシーンになります。

一応まともには動きますが、
さすが中国製という感じのおもちゃです。
これからステッカーワークなどで
自分のサニトラに近づけた展示用車両に
改造していきます。

それにしてもこの出来の悪さは
ちょっと考えものだと思います。
絶対きちんとLICENSEとってません。
本気にして買ってしまうととても残念な気持ちになるのと
出来の悪さにラジコンに対する印象を悪くしてしまう
子供が出てしまうとものすごく残念。

やっぱりおもちゃは大人がきちんと見て
いいものを与えてあげないと
道具とか物とかへの愛情や情熱の育成に
多分に悪影響を及ぼすと思います。

大人がわかっておもちゃにするにはいいですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 2日 (木)

あけましておめでとうございます '14 (車編)

明けましておめでとうございます
2014_2


クルマの方は車検も重なったので
昨年年頭のサニトラをきれいにするとか
イベントへの参加とかが意外とこなせていた。

今年はなにより、
・ロックが壊れているチンクを復活させる
・昨年同様クラシックカーイベントに参加
・サニトラでNCCCイベントに参加する
というところでしょうか。

あと継続課題のサニトラナビ(羅針盤)修理も
なんとかしないとですね。

あ、サニトラのラリー仕様化というのも
挑戦課題ということでw

音楽関係は今年も何回かのライブに出たいですね。
Ibanez AFRもステージに引きずり出したいし
幅を広げたステージへの挑戦もしたいです。

今年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »