« Boehm からの返事 | トップページ | 2012年クラシックカーレビュー in 港南 »

2012年9月 9日 (日)

K11異音原因判明

通勤K11、
ミッションを換えてから
時々コキコキ金属同士が接触する音がする。

土曜日に確実に再現出来そうなので、
再度ディーラーに持ち込み
サービスの人同乗で音を再現。

見事にラフクラッチで音を再現すると
助手席でうーんと一悩みしたサービスの方。

音はわかりました、部位も前ですね。
ちょっと上げて調べてみます。

とディーラーで待つ事10分弱。

原因わかりましたので
とピットで持ち上げられているK11を
下から眺めてみると、
エンジンミッションを下から支えている
メンバーを固定するネジの周りで
フローティングさせていた
ラバーと樹脂カラーが
さすがにぼろぼろになっていた。

どうやら28万km一度も交換されていなかった。

ま、普通は交換しないのでしょうけど。

エンジンの前後を支えるブラケットは
このメンバーから生えているので、
エンジンの前後方向の振動が全て入力される。

なので、加減速でエンジンが前後に振れると、
このメンバーも実は動いていて、
そのラバーが程好くメンバーの移動代を
制限していた具合。

なのでラバーがへたってしまうと
その振幅が大きくなって、メンバーと
車体パネルが当たって音を出したり
そもそもメンバーを固定している
ボルトと接触してコキコキ音を出していたらしい。

接触していた痕もあったし。

ミッションを換える前に
雨の日に左足元からパネルを叩く様な
バタバタした音が左コーナーだけで出ていたのも
これが原因だったようですね。

ミッション交換時にソフトマウントラバーの
組み付け具合が変わった事で
音を出す様になってしまったのでしょう。

もちろんへたりまくってましたので
交換部品発注です。

ちょっと時間かかりそうですが。
ま、原因わかって何よりです。

ミッションを換えてから
高速走行時にシミーの様なステアリング振動が
出たり出なかったり
シミーの速度域を越えても振動が消えない
という理由もこれでほぼ説明が付きそうです。

続報はまた。

|

« Boehm からの返事 | トップページ | 2012年クラシックカーレビュー in 港南 »

コメント

こんばんは。 こんな微妙な音ってのも すごく気になりますよね~。しかもフツー犯人も見つけにくいし。^^;    10分弱で解決 良ございましたね~♪

なみぞぅ>
ども。金属が擦れる音だったので、下手に交換出来ない部品を擦っていたら取り返しが出来なくなると思いました。今回はサービスの人に乗ってもらった時に上手く再現出来たので速く済みました♪

投稿: あかとら | 2012年9月 9日 (日) 19時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163618/55613229

この記事へのトラックバック一覧です: K11異音原因判明:

« Boehm からの返事 | トップページ | 2012年クラシックカーレビュー in 港南 »