« 2012年 初宮が瀬 | トップページ | FIAT500 Twin Air »

2012年1月 7日 (土)

イタリアの音...?

この冬休みの前後に訳有ってまた
FIAT 500 Twin Airを借りてます。

並行輸入ものらしく、
オーディオは向こう仕様。
なのでAMラジオは聞けますが、
FMは聴けない。
とりあえずAUX端子があるので、
iPodをヘッドホン端子経由で接続できる。

標準ではUSBもあるのですが、
そいつはFIAT版テレホンサービスで使われている。
もちろんそれが日本で使えるわけも無く...。

ところで、そのオーディオの音、
借りてきた状態で鳴らしたら
もこもこしてやはりイタリアのエントリーカー
なのかなぁなんて思っていた。

が、自分たちの前に借りていた人たちが
色々とイコライザをいじくっていたらしく、
それを解除して
単なるLoudnessだけをONにしたら
思ったより普通に鳴るようになった。

で、突然思い立ってYellow Magic Orchestraを
流してみたら意外とシンセのバランスが良く
いい感じで聴けた。

イタリアってそういえばそういう音楽や
プログレッシブロックが結構受けたよなぁと思い
Locanda delle Fateの一枚をかけてみた。

やはりヴォーカルの聞こえ方とか
包まれる世界の再現などが
案外悪くない気がした。

BOSEの様なアメリカ的なはっきりとした
音に較べるとドンという感じが少ないので
物足りなさを感じるかもしれないが、
もしかしたらそういう風にイタリアの耳で
チューニングされたオーディオなのかな
なんて気がする。

そういえばイタリア製のメーカーは忘れたが
アルミコーンの小さいフルレンジを用いた、
何故この値段?というスピーカーが
ものすごく良いジャズシンガーの歌声を
再現していることにびっくりしたのだが、
そういう耳でチューニングされたんだろうなぁ。

なんて勝手に思ってみたりして。

そういう風にいろんなメーカーの音を
聴いてみたら面白いんだろうな。

|

« 2012年 初宮が瀬 | トップページ | FIAT500 Twin Air »

コメント

オーディオの音質にお国柄が出るとは面白いですね~

なみぞぅ>
思い込みかもしれませんが、そんな気がしました。

投稿: 転勤族@北ナン | 2012年1月 8日 (日) 08時20分

 乗り味とオーディオのチューニング
 やっぱり最後は人の五感なんですね
 あんまり試乗会とかって行った事がないんですけど、一度乗せて貰いに行こうかな

なみぞぅ>
嗜好品であるところがまだ残っているということですよね♪
乗ると楽しいですよ。

投稿: たけ | 2012年1月 8日 (日) 17時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163618/53680755

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアの音...?:

« 2012年 初宮が瀬 | トップページ | FIAT500 Twin Air »