« 衣替え | トップページ | こういうのに弱いんだよなぁ... »

2010年6月12日 (土)

S54BE

いい天気の土曜日でしたね。
今日は会社のサークル活動で磨きもの。
やっぱり銅と真鍮は素晴らしいです。

ところで今日はちょっとした思い出の整理。

Dscf1224S54B
プリンススカイライン
2000GT-Bです。
オーストラリアの
抜ける様な空の下での写真。

訳有って
オーストラリア在住の人から購入して
その後もオーストラリアで管理してもらっていた。
現地のからっとした空気は
古いクルマの外装には優しい。

しかしながら今年になってとうとうエンジンに
再生不能な致命的なダメージを受けてしまった。

訪豪時には必ずG型6気筒ウェーバー3連の
咆哮を聴いてきたのですが...残念です。

時代を感じさせる薄いドア、
思ったよりフラットなフロア、
サイドシルの高さが低いのか、
そこにフロアを載せているのか、
足を前に投げ出す様なポジション。
フロントのダッシュパネル以前を
無理矢理伸ばしたことがよくわかる
明らかに回転中心が普通じゃない
投げ出したフロントアクスルが
遠くで回っている様なハンドリング。
しかし車体はその遠くのフロントアクスルを
しっかりと回せる剛性を持っていた。

ずっしりとこたえる重たいクラッチ
でもきちんとチューニングされた
ウェーバーは下からきちんとついてくる。
野太いエギゾーストを轟かせて
叫びに変わる中高回転域。

オーストラリア内で再び
新しいオーナーを見つけたのですが、
再びかの地の空の下を走れるように
修理されることを願う限りです。

その遺品というわけではありませんが、
Dscn1206 Dscn1207 輸出用
S50シリーズの
パーツカタログ。

とはいえ
自分が持ち続けても
ホントに持ち腐れになるのでと、
とあるこの方面に明るい方に
託すことにしました。

こちらもいつの日か
歴史を語る文書として
使われる日が来ることを願います。

|

« 衣替え | トップページ | こういうのに弱いんだよなぁ... »

コメント

 54Bも見なくなりましたよねぇ
 昔は近所にAとB両方とめてる家なんかもあったんですが
 俺なんかよりも前の人はこっちを箱スカっていいますよね
 一度その箱スカと愛スカで話がトンチンカンになった事があるのを思い出しました

なみぞぅ>
こんばんは〜。
佳き日のプリンスですよね。細かいところにいろいろこった造りがあったのが面白かったです。

投稿: たけ | 2010年6月13日 (日) 01時02分

ごーよんびー持ってたんですね。
クルマは走ってなんぼ(私見)。
機械は直せば直る。(赤羽頑固モータース)
いい気候の中、良い余生が送られることを祈ります。
屋根裏に1/32のぷらもが眠ってるかも。

なみぞぅ>
コメントありがとうございます。
実はそうだったんです。ゆくゆくはと思っていたところで逝ってしまいました。
でもそうですよね、良い余生を祈りつつ。

投稿: はまぁ。 | 2010年6月13日 (日) 21時47分

はじめまして。
通りすがりの者です。
オーストラリアのS54BE-3すばらしいですね。フロントフェンダーエンブレムが珍しいNISSAN SKYLINEのところをみると1968年式でしょうか?
エンジンは残念でしたが、次期オーナーが見つかったことは車にとっても良かったですね。こういう車は1台でも長く生き残って欲しいものです。
1965年・輸出版パーツカタログは希少ですね。私はコピーしか持っていません。国内版とは微妙に異なるので大変貴重な資料です。

本当にいつの日か歴史を語る文書として使われる日が来ることを私も願ってしまいます。

なみぞぅ>
はじめまして。
どうもコメントありがとうございます。
わずかにしか乗ることはできませんでしたが、ものすごく印象深い図太いトルク感、今の車では考えられない剛性感のあるシフトとミッション、力づくで作ったことが感じられるステアリングとコーナーでの挙動は多分一生忘れないと思います。

再び南半球の空の下で走っていてくれることを祈るばかりです。

投稿: S54B | 2011年2月13日 (日) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163618/48612524

この記事へのトラックバック一覧です: S54BE:

« 衣替え | トップページ | こういうのに弱いんだよなぁ... »