« Distant Suns | トップページ | のっぺらぼう »

2009年10月26日 (月)

無音、無表情

今日のニュースで、
ハイブリッド車に疑似エンジン音を義務づけるとの事。

きっと変な音が街中に溢れるんだろうなぁ。
どうせ耐久性があるスピーカーとかと言うと
中音域が強調されたものになって、
なんとか風エンジン音とかっていうのが
溢れるのかと思うとちょっとうんざり。

最近の着メロしかり、音源を頑張っても
再生装置の限界で聞き苦しい音に溢れてしまう。

街中で静かにクルマが走るのが迷惑(?)というのが
きっかけなのだろうけど、街中は静かに走るに越した事はない。

そもそも日本の交通社会不整備、
都市計画の稚拙さが原因だと思うんですけどね。

商店街とか住宅地の中を一般の交通が
突っ切ってしまうような道路設計が
残念ながら日本の現状。

幹線道路と生活道路が分離されていて、
生活道路は完全にゆっくりしか走れないようにする、
生活道路は歩行者と近接するが、
幹線道路は歩行者とクルマが完全に分離されている、
そういう交通環境の整備がなされていれば、
静かなハイブリッド車が静かに走っても
何ら問題ないと思うんですけどね。

へんてこりんな音に溢れる前に、
道路環境を整備して欲しいなぁ。

ところで、音つながりですが、
ちょっとサニトラ用にとクリックしてしまいました。

今日発送されているようです。( ̄ー ̄)ニヤリ

|

« Distant Suns | トップページ | のっぺらぼう »

コメント

実際ハイブリット車に乗っていて、繁華街の道路を通行する時には結構怖い思いをします・・・
以前は擬似音が出たほうが安全かな?
と思っていたんですが、確かに本末転倒かも知れませんね。
自動車そのものは世界に秀でる商品となりましたが交通モラルは依然としてアジアン的のように感じるし・・・
道路もしかりなのかなぁ。

なみぞぅ>
過渡期故の仕方ない規制なのかもしれませんけどね。
いっその事電車と同じ様な磁気音を鳴らしての方が、らしくていいかもしれませんけど。高齢者には聞こえづらい周波数だとあまり意味有りませんね。

投稿: 谷やん | 2009年10月27日 (火) 01時28分

 騒音規制をこれだけ厳しくしておきながら静か過ぎるのは困るって言うのも矛盾してますけど、運行基準なんて矛盾の固まりですもんね
 それにしてもほんと、道路行政をしっかり整備するほうが先のような気がします
 うちの近所でも幹線道路のくせに歩道が人が何とかすれ違える程度しかない上に車道を逆送してくる自転車がいたり・・・
 この上ハイブリッド車に音を出す装置付けろなんて・・・
 なんだか日本の交通事情のカオスを象徴してますよねぇ

なみぞぅ>
こんばんは〜。
矛盾っていえば、最近のヘッドライトの明るさもおかしい位ですよね。
昔は明るすぎると車検通らないっていっていたと思ったら、最近は暗いと通りませんし。と言って車検を通る明るいクルマのおかげで、結構歩行者が幻惑されて見えなくなったり。
どう考えても旧いクルマ、バイクいじめと思ってしまうのは...、屈折してますかね(笑

投稿: たけ | 2009年10月27日 (火) 11時30分

 いやぁ、ほんと何を根拠に基準を定めてるのかわからないですよね
 昔と言うかほんの数年前までは2灯式のバイクのヘッドライトは左右でロービームとハイビームが切り替わらないといけなかったのに今では両方とも点かないといけないんですもんね
 全くもう基準のための基準だけで作ってるような気がするっす
 そういえばいつの間にか黄色いヘッドライトがだめになってるんですよね
 雨のときなんてゴールドバルブの方が見やすいのになぁ

なみぞぅ>
基準を作ると、何のために作ったかが忘れられますからね。魂が抜けちゃった法に囲まれると辛いですね。

投稿: たけ | 2009年10月28日 (水) 12時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163618/46592487

この記事へのトラックバック一覧です: 無音、無表情:

« Distant Suns | トップページ | のっぺらぼう »