« 久しぶりのニオイ | トップページ | 延長戦 »

2009年10月 1日 (木)

Dusk to Dawn

会社で知ったとある車関係のサイト。

フィンランド人Miikkaが、
中古車で車文化に失望しかかったときに
800ユーロで手にした一台。

それまでの彼の車の印象を大きく変えた鋼鉄の騎士、
”Nipu"と名付けられたその車は
1986年製のDatsun Sunny Wagon。

彼とヨーロッパ中を旅して回り、
多くの人の心に印象を残した。

しかし時が経ち、咳き込み始めるエンジン、
いろいろなノイズ、Nipuはクルマとして老いていた。
この先走れる距離の限界を感じたMiikkaが
Nipuと共に走る最後の旅として選んだのは、
Nipuの生まれ故郷への旅。

Dusk to Dawn
Miikkaと仲間、そしてNipuのフィンランドから
日本の横須賀、日産追浜工場までの道のりを
綴ったブログ。

日本人として、思いを持って使ってもらえる
製品を作り出せていた事を誇りに思い、
自分が今作り出している製品を
そう思ってもらえるようにとモチベーションにしたい。

やっぱりモノ作りの醍醐味ってそこですよね、
と読みながら少しうるうるしてしまったconfident

|

« 久しぶりのニオイ | トップページ | 延長戦 »

コメント

 おはようございます~

 いい話ですよねぇ
 やっぱり自分たちが作った物を大事にして天寿を全うするまで使い続けてくれるのって格別なものがあるんでしょうね

 俺は売るほう専門でしたけど、やっぱり気に入って大事乗ってくれてるのを見ると嬉しかったですもん

 俺も今のSRX、天寿を全うするまで乗っていたいです

なみぞぅ>
そうですよねぇ。作る人も売る人も、買ってくれる人が喜んでくれていることが見えると張合い違いますよね。
最近はとにかく文句ばかりが取り上げられますけど、こういう話ももっといっぱいあるはずですよね。

私もイタリアまで...(^_^;
あ、Gallinaはどうやっても無理っす...。

投稿: たけ | 2009年10月 2日 (金) 05時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163618/46366504

この記事へのトラックバック一覧です: Dusk to Dawn:

« 久しぶりのニオイ | トップページ | 延長戦 »