« 秋晴れにチンクで買い物 | トップページ | FUJITSUBO Legalis R »

2009年9月24日 (木)

一眼の定義って?

ここのところPanasonicのデジカメGF1の
ファッション・ムービー一眼というCMが
ちょっと気になる。

別に樋口可南子さんが気になる訳じゃないけど、
「一眼」という言葉にちょっと引っかかる。

撮影用レンズと別の光学系で、
構図を決めていたレンジファインダーカメラや
撮影用レンズと機械的に連動した別レンズで
像の確認をしていた二眼レフ。

精度の高いミラーアップ構造が出来る事により
撮影用レンズで画像確認を出来るようにして
一つの光学系を時間で役割分担させることで
確認画像そのものを撮影画像に出来るようにしたのが
一眼レフ。

ミラー後の光学系にペンタプリズムを使うのが
ほぼ当たり前だったので、一眼レフというと
レンズの真上にトンガリ屋根が有るのに対し、
ひとひねり(ふたひねりか)の光学系で
ペンタプリズム無しのフラットな天面で
PENシリーズの頂点に一眼を作ったのが
OLYMPUS PEN Fか。

なので新しいPENが一眼というのは
過去とのつながりと
実際に確認画像と撮影画像を一致させている意味で
あまり抵抗が無かったのだが...。

Panasonicだと違和感を感じるのは
単に昔のカメラ小僧の気持ちが
そう思わせているだけなのだろうか。

確認画像と撮影画像を同じくしているという意味では
世のコンデジは一眼と言っていいのでは?
昔のフィルムカメラでもレンズ交換が出来ない
Nikkorexなんて一眼レフも有りましたし。

なのでデジカメになった段階で
あえて「一眼」という名前を使わなくても
いいのでは?なんてひねた考えを持ったりして。
強いて言うならCCDを通さず光学的に
画像を確認出来るカメラを一眼と言う方が
何となく自分にはしっくり来るかなぁ。

なんて思うのはやっぱり古い人間なんでしょうね。

|

« 秋晴れにチンクで買い物 | トップページ | FUJITSUBO Legalis R »

コメント

「旧い」人間です(笑)
実はデジPenでも気になってた「一眼」という表現。
製品紹介をよくよく読んでみると、「一眼レフ」と「(レフの付かない)一眼」という単語を、巧みに使い分けてますね。
ずるいぞ。
光学ファインダーを持たないカメラは全部「一眼」と言えてしまいますね~

なみぞぅ>
やっぱり「旧い」ですね(笑
「レフ」の有無はカタログの巧みですね。
ライカのMはどうなんだろうと見てみると
なんとかたくなにレンジファインダーなところに
ちょっと感動してしまいました。

投稿: はまぁ。 | 2009年9月24日 (木) 22時12分

 一眼の定義って今はレンズ交換ができるかどうかの違いしかないですよねぇ
 やっぱり俺も一眼はレフがついてて欲しいです
 今のは小さなファインダーがついててもCCDの画像を映してるだけですもんね
 普通に見られる液晶モニターもついてるし・・・
 今持ってるカメラは多分全部OHしないとだめでしょうけど、直せる職人さんがいるうちに直しておこうかなぁ
 マミヤかどっかの2眼レフなんていうのもあることだし

なみぞぅ>
私のNikomat ELも実はマニュアルシャッタースピード設定が効かなくなってたりします。
関東カメラサービスのH/P見てもNikomat ELは名指しで修理出来ないになっているのでちょっと途方に暮れてます...。

投稿: たけ | 2009年9月27日 (日) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163618/46295576

この記事へのトラックバック一覧です: 一眼の定義って?:

« 秋晴れにチンクで買い物 | トップページ | FUJITSUBO Legalis R »