« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月25日 (土)

鹿が来た

とりあえずまだ檻に入ってます。

Dscn5030 かみさんがイベントで当てたcoldsweats01
亀山出身でございます。

う〜ん今あるブラウン管テレビを
どうするかが問題です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

日食かぁ...

明日22日は日食。
天気がちょっと気になりますけど。

過去の日食で記憶にあるのは’87年の9月23日。
大学生だった頃、そんなに世間は騒いでなかった気がする。
休日、しかも天気が良かった。

ちょうど陽がかけていた時間は人と会っていた。
その人の誕生日。

手に入れたばかりのバイクで行ったのかなぁ。
良く覚えていないけどそんな気がしてきた。

木漏れ日が三日月型にかけていたのを思い出す。
腕時計の照り返しが作る光も三日月型だった。

並木道の歩道をバイクを押しながら歩いて、
そのまわりを三日月の光に囲まれていたのか。

ここのところ連絡を取っていないけど
元気にしているのかな。

きっと陽が欠ける度に思い出すんだろうな...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナショナルトランジスタラジオ

高校の頃からいつも部屋の窓際に居た
ナショナルのトランジスタラジオ。
Dscn5025
父親の同僚の机の中から出てきたものを
貰い受けてきてくれて、
その後ずっと自分の傍らにいる。

高校の頃から寝床でFEN(現AFN)を鳴らしてくれていた。

クリスマス頃のアメリカの雰囲気を教えてくれたのもコイツ。
チャレンジャーの事故を切れ目無いチャイコフスキーで教えてくれたのもコイツ。

結婚してからの10年、
ボリュームの調子が悪くなって調整出来なくなって
ここしばらくお休みしてもらっていた。

Dscn5026 久しぶりに電池を入れてみる。

ボリュームを兼ねたSWを回してみると

音が鳴らない...。

接触不良?もしやと裏蓋をきちんとはめてみると
ガサッ...ザッ...〜♪〜
いつもと変わらない極東米軍放送。
もちろんNHK他も入ります。

やっぱりボリュームの調子は今イチだけど、
きちんと音が鳴ってくれるのはうれしい。

Dscn5027 今となっては
使うことが禁じられたであろう
「ナショナル」のマークが
ここかしこに。
結構しっかりとした音を鳴らしてくれます。

アナログ回路できちんとした音が流れてくれる。
自分の周りをそういう「音」が取り囲んでいることを
感じさせてくれるラジオ。
ちょっとした半導体と針の組み合わせで
音を取り出すことが出来る(はず)。

アナログラジオはいつまでもいて欲しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

夕焼け

今日の夕方、神奈川県央の空には残照。

太陽は雲の中なのに
積み重なった雲の隙間からの陽射しが
頭上の雲を明るくてらす。
そのおかげで方向感をなくしてしまうような
空全体のきらめき。

子供の頃そんな不思議な空に気づかなかっただけだろうか。
ここ数年この残照の夕刻を感じることが多い。

低く傾いた陽射し、厚い大気を縫って赤く染まった光が
雲の表情を豊かにする。
Dscn5024
大気の動き、
地球の息吹を感じる。

真夏の立ち上る入道雲
顔の見える雲だけではなく
雲を浮かべる地表に近い気流の
流れを感じさせる、
雲の底の美しさ、様々な姿を
楽しめるようになったのは結構最近。

多分昔に較べて雲の厚さは増えているのでは?
空気中の水蒸気の量、風の強さ、
共に温暖化の果てに多く、強くなる。
そのおかげできっと表情豊かな雲が拝めているのかも。

まだまだいろんな夕闇を楽しみたいですね。
そういえば今週は日食があるなぁ。会社だけど...bearing

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

CREMA PRE-DOPO BARBA

いつも使っているひげ剃りのクリームが無くなりそうなので
ドライブついでに買いにいきました。

ここのところお気に入りの
Santa Maria Novella
CREMA PRE-DOPO BARBA
Dscn5020
以前はシェービングフォームを
使っていましたが、
アフターシェーブクリームとしても
使えるかと思って買ってみたこれを
プレシェーブのクリームとして使ってみたら

なんと、カミソリ負けが著しく減りました。

最初のうちは少しぴりぴりした感じ
またねっとりとした感じは
さらっとしたクリームに慣れた自分にはちょっと違和感、
更に麻酔っぽい感覚があったのですが
使っていくうちにだんだん慣れました。
それ以上の剃り味や肌の調子の良さに比べると
小さい問題点になっていきます。

香り自体はいわゆる甘い感じのザクロの香り。
アフターシェーブ用としてはからっとした感じが少ないので
やっぱり普通のアフターシェーブローションを併用してます。

ちょっと値がはるという短所はありますけど...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

残り花

日曜朝、いつもバイクで走っている
神奈川県央の工業地帯にある日本フルハーフ。
まだ咲き残る数輪の薔薇。

Dscn5016 五月晴れとまでは行かず
夏の雲の奔りを望む
高く突き出た枝の先に
四輪集まっていたので。
殆どの花は
既に散ってしまいましたけど
数本、緑が濃くなった葉を
貯えた樹の中に
赤、朱、燈、黄がちらほら。

まだしばらくは少し楽しめそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

うくれれくりこーだー

これにもちょっとハマってしまいました。

土曜朝のテレビ番組のBGMで使われていて
う〜んなんてお茶目な
と思ったハイウェイスター。
この音、楽器で演奏することが想像出来ない曲が
自分にとってはかなり楽しめました。

またQueenがこれほど合うとはhappy02

もし良ければAmazonの試聴でお試しを。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

くすぐられてます

生まれて初めて使ったカメラ、
父親が持っていたオリンパスPEN D

考えてみると最初に触れたのが
このカメラだったので、
深みにハマることができたのかもしれない。

光量に応じて絞りとシャッタースピードがどう変わるか
その関係をいつの間にか教えてくれた一台。
この経験のおかげで子供ながらミノルタXDのカタログを見ても
あっさりと理解できたのかも。

それ以降はNikomat ELにずーっとお世話になって、
すっかりNikonに浸っていたんですけど...。
ここのところのCMにちょっとやられてしまってます。

http://olympus-imaging.jp/pen/index.html#/ad_gallery

あおいちゃんに惹かれてるところがない訳でもないですが、
やっぱりPENの復活、しかも見事にPENであるところに
すっかり惹かれてしまいました。

とはいえうちには数本のNikkorがあるしなぁ、連動ピン付きだけど。

と思ったところになんとFマウントアダプターがあるらしい。

こ、これは...。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

み〜つけた

この週末、ちょっと前の週間予報では
雨混じりだったので
新FIAT500の誕生日はあきらめたのですが、

そんなに悪くないぢゃないですか。

とはいえチンクはオイル交換を久しくしていないので
いずれにしても遠出はしたくなかったんですけどね。

なんで久しくオイル交換できなかったかというと
MOTUL 4100が久しく品切れだったから。

ですが、
今日やっと見つけました。
Dscn5008 多分他のエステル系のオイルでも
問題ないんだと思いますけど
結構コイツを入れ始めてから
調子が良くって、
ついつい変えられないで
今に至ります。

その前一回イタ車はAgipだろう!と
ちょっと安いAgipを入れたら調子悪くなり
その後時々乗るだけだから
再始動時のエンジン保護にいいオイルをと
カストロールのマグネティックを入れてみたものの
それほどの感動はなく、
その後車検の時にMOTORLANDで入れてくれた
MOTUL4100でがらっと調子が変わったので
それ以降はMOTULに浸ってしまってます。

マーチ号も日産純正ストロングセーブX・Eスペシャルを
奢ってみるとやっぱり調子良くなったので
ひとえにエステル系半化学合成のおかげの様な気がする。

ということで夏を前にオイル交換。
ってまだやっていないんですけどね...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

Ace will be back !

KISSのオリジナルギタリスト
Ace Frehleyが、
ほんっと久しぶりにニューアルバムを出します!!!

正式発売日は9月15日とのこと。

私もこの左側のおやじと一緒、
「20年も待ってます。」
期待させるに十分でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

WALKMAN

今朝のTOKYO FMを聴いていたら、
今日7月1日はSONY WALKMANの誕生日とのこと。

BBCがそれを記念して、i-Podを使っている若者に
初代WALKMANを渡して使わせてみたら
大きさに驚き、
曲の少なさに驚き、
ランダム再生が出来ないことに驚き、
何よりカセットにA/B面があることに気づくのに
時間がかかったとのこと。
最後のA/B面という考えは、うなづくものがありますねぇ。

確かにCD世代以降、「媒体の両面に記録されるもの」
という認識が無くなっているでしょうからね。
大体何か再生するときに「何かが回る」というイメージも
ネットで曲がやり取りされることしか知らない将来の世代には
理解出来ないものになるんでしょうね。

そう考えると自分はいい時代に生まれ育ったなと思う時があります。
子供の頃からレコードに親しみ、
カセットテープにFM、レコードを落とすことを覚え、
中学の頃にWALKMANの衝撃を受け、
高校でWALKMAN IIを手にしてぼろぼろになるまで楽しみ、
大学でCDの雑音の無さに驚き、
MD、DATと移り行く半デジタル媒体を傍目に見ながら、
今i-Podを手にする。

生のアナログの音、媒体による減衰具合、
小さくすることの技術の素晴らしさ、
デジタル化の功罪を実感しながら生きて来れた。
古いものに触れた記憶のおかげで、
立ち止まっていろんな形の楽しみを考えることが出来る。

万人に理解してもらえないかもしれないけど、
こんな感じの音でいい、こんなステレオシステムでも楽しめる
と立ち止まって楽しめる耳を持たせてくれ
耳を育てる環境を作ってくれた両親にはひたすら感謝。
もちろん中高大学の音楽友達も重要でした♪

自分の世界を拡げてくれたWALKMAN II。
いまでもあのシルバーのボディ、
シンプルきわまりないインターフェース、
ベルトに差す何物にも代えられない専用ホルダー、
標準で付いていたオープンエアヘッドフォンの
オレンジ色は今でも眼に焼き付いています。

当たり前が当たり前じゃなかった時代、
街中を歩いている姿を思うだけでもちょっと浸れた。
音楽を持ち出せることのうれしさを覚えているのは
もしかして幸せなのかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »