« GREEN CAPSULE | トップページ | マーチ号オイル交換'09.5 »

2009年5月 6日 (水)

マーチブレーキ清掃

昨日、いつも軽いブレーキングで
かすかにヒーっと音を立てるブレーキが気になったので
K11マーチのブレーキを掃除。

(ブレーキ周りは車両運行に大きく支障をきたすことになりかねませんので、整備に自信がない方は整備工場やディーラーなどしかるべきところにメンテナンスを依頼してください。)

リアホイールを外して、ドラム内部の掃除。
結構シューとドラムの摩耗粉が溜まってました。
ワイヤーブラシとウェスで掃除。
ついでにブレーキシューのリーディング側の
角を落としてカックンブレーキにならないようにします。
とはいえトライアルバイクじゃないから
そんな極端なカックンにはならないですけどね。

で続いてフロント。ホイールを外して
キャリパーを固定しているボルトを外します。
それでごっそりとキャリパーが外れてパッドが外せるのですが、
どうも左側はキャリパーのスライドピンを覆う
ダストシールラバーが外れている。
う〜んここは久しく自分でいじっていないから
前にディーラーでパッドを交換したときに
こうなったとしか思えないなぁと思いつつ
一応分解してモリブデン+シリコングリースを塗布し
ラバーを組み直しておきます。

で右側。
Dscn4912 右側の摩耗警報のピンが出ているのが
内側(ピストン側)のパッド。
左側が外側(キャリパー側)との
厚さを比較すると明らかに右側が厚い。
よくよく見てみると右側は新品時の面取りが
ほぼそのまま残っている→ほぼ新品状態。

う〜んこれはまた、何が起こっているんだ?
以前キャリパーのスライドピンが固着していた時は
ピストン側の摩耗材が殆ど無くなるまでの
状態になっていながら
「ブレーキ、ちょっと動きが悪いみたいですねぇ」と
ディーラーから上がってきたこともあります。
そのときは反対側は半分程度残ってましたが
それ以上ブレーキを踏むと明らかにローターと
パッドの座金があたりそうな状況だったので
東名の足柄から極力エンブレで帰ってきた覚えがあります。

もちろんスライドピンをきちんと動くようにして今に至ります。

で、今回はその処置を施したのとは反対側のキャリパー。
とはいえキャリパー側のパッドは普通に摩耗しているらしいので
キャリパーのピストンとスライドピンは普通に機能している。
すると残りの可動部はパッドそのもの。
どうやらNISMOパッドの塗膜の厚さのせいか
ピストンで押してもパッドが動かない状態だったらしい。
なのでキャリパー側だけが引っぱられてそちら側のパッドだけで
制動していたみたい。

確かにパッドを固定するバネ鋼のホルダの汚れは
動いていなかったことを示していた。
このパッド車検の前かなんかに
ディーラーで付けてもらったんだよなぁ、確か。

ま、とりあえず原因はそこらしいので、
ここもモリブデン+シリコングリスで
耐熱と極圧減摩を目指しておきます。

とりあえず組み直した後は順調です。
今思い起こすと雨の路面でフルブレーキングすると
少しタイヤを取られる感じがあったのは
その左右の制動力差だったのかもしれませんね。

|

« GREEN CAPSULE | トップページ | マーチ号オイル交換'09.5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163618/44913598

この記事へのトラックバック一覧です: マーチブレーキ清掃:

« GREEN CAPSULE | トップページ | マーチ号オイル交換'09.5 »