« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月29日 (日)

一時停止

家のすぐわきの交差点、
どうやら見通しが悪いらしくしばしば事故が起こる。

なので年度末のおかげか、点滅信号が追加された。
Dscn4794 道祖神の脇に無粋な柱が立ったなぁ
と思ったら、ある日突然信号が吊るされた。

ある意味現在の道祖神になるのか。

笑えるのは、
道祖神に突っ込んだ車が居た事故の後、
道祖神の修復に併せ、
バス停の乗客保護を兼ねたプラスチックの柱が
立てられたのだけど
今回の信号のための柱の脇には
力強い鉄の柱が立てられている。

とてもわかり易い優先順位の付け方ですねぇ。

Dscn4795 更に今まで交差点に立てられていた
一旦停止の標識が根こそぎ抜かれ
交差点を目立たせるための
特殊舗装と文字が消されていた。

今回の信号設定の目的は、
交差点の認知度を高め
非優先道路の一時停止を促すことであれば
別に標識と「止まれ」の文字は
残しておいても良かったのでは?

本来の通行をどうしたい、
周りの人、住人にどうあるべきか
なんてどうでも良いんだなぁ
と凄くよくわかる工事結果です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

ナット磨き

Dscn4790寒い土曜日でしたね。
まだ雲が残る昼間、
春なので夏タイヤに組み替えるため
汚れっぱなしだったスピードスター用のホイールナットを磨くことにしました。
もうこのナットも探すの苦労するのでしょうね。

バイクのアルミ磨きに使うネバダル

キジマ:KIJIMA/ネバダル
キジマ:KIJIMA/ネバダル

大げさな設備を持たない身としては
ちまちまとこれで磨きます。
ちょっとした錆なら落ちるのですが、
さすがに15年分の錆と汚れは完璧には落ちなかった。

Dscn4791 ここのところ会社関連で
くるまいぢりのサークル活動で
古い部品を磨いているのですが
自分の車の部品は磨いていなかった。
その関係できれいにしたハブボルトとホイールナットを組み付けたときの吸い込まれる様な手締めの感じがたまらなかったので、是非とも自分の車でもそんな感じをきちんと維持したいなぁなんて思った次第。
ちょっと錆が浮いてしまったら
もうしょうがないのかもしれませんけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

KURU TOGA

先日ズームイン朝で取り上げられたので、
久しぶりにシャープペンを買ってしまいました。

三菱のクルトガです。
Dscn4787
どっちが主役の写真か
わかりませんが...。

筆圧の変動を利用して芯を回転させ
芯が紙に接触する部位が一定にならない様にすることで
芯が斜めに尖ることを防ぐという物。

言われてみると、いつの間にか線が太くなることや
尖った芯で紙を傷つけてしまうことがあったなぁ。

Dscn4789 芯を回転させるための
超小型のラチェット機構。
歯の高さ0.1mmというところか
筆圧で上下するオレンジ色の構造体と
白い固定部の間に削られている歯。

多分この微細構造を安価で作れるようになったことや
この歯の強度の品質を安定させられるようになったことが
商品化の可否を握っていたのかな。

今の自分の仕事の中ではシャープペンを無意識のうちに回して
問題を回避している気がする。
が、回すことすら惜しい授業中のノート取りでは
かなり重宝すると思った。

ちょっと可動部を持つ関係から剛性感が不足しますけど
ちまちまと回るクルトガエンジンの姿を見るだけでも
かなりしびれてしまいます。

1本472円は構造とアイデアへの対価と考えると
個人的には破格の付け値と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

高速1000円

先週末の3連休中日に千葉の実家にマーチ号で帰ってきました。

が、1000円のアクアラインはパスして。

というのは湾岸横浜線を走っている段階から
海ほたる満車、混雑の様子がうかがえたからです。

その影響で湾岸の方は空いているのかなと思ったら
意外や意外混んでましたねぇ。
お彼岸のお墓参り渋滞だったのかもしれませんが
もしかしたら東京湾一周の人も結構いたのかな。

ま、来週以降1000円になって行くのでしょうけど、
一旦下げたら元に戻すのはシンドイでしょうねぇ。
そもそもなんでそんなに高速料金がかかるのかの
理由がよくわからないままに今まで払ってきたというのが
正直なところで、
確かに交差点や複雑な交通状況が無くなっているおかげで
早く目的地に着くのは事実だけど、
その短縮時間分の対価として適切かと言われると
休日に給料をもらえるわけでもないからやっぱり割高感だけが残る。

アメリカのインターステーツ、イギリスのモーターウェイ
フランスのオートルート、ドイツのアウトバーン
みんな殆どの区間は無料。
という状況を知ってしまったあとではなおさら。

欧米からの出張者が来たときに料金所で支払った金額が
東名厚木から東京までで10ドル強だというと
かなり驚いてくれる。

今回ETC導入助成金のドタバタがありましたけど
そのおかげで天下り団体がかなり儲けているという話
是非とも漢検と同じように適切な処置をしてもらいたいものです。

そもそも高速道路も移動するための手段でしかなく、
そこで何を運んで国を発展させたいのかということの方が大事。
手段に二重三重の税を課金するにとどまらず、
更にぶら下がって金を吸い上げる構造が出来てしまうことが
とても情けない。

でも高速料金下がって、自分で車を運転してみよう
車でどこかに行ってみようという人が増えるのは良いことなのかも。
自己の責任の下で自主的に舵をきって進まないと前に行けないのも
車ですからね。
それとも安全も人任せの人が表に出てきて事故が増えるかなぁ...。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

竹かご自動車

土曜日、朝の暴風は凄かったですねぇ。
今日は東京ビッグサイトに行ってみました。

目的は国際オートアフターマーケットEXPOという
イベントに行ってみました。

数年前に行ったときにはかなり怪しいカー用品が
ゴロゴロしていて面白かったのですが、
去年あたりから怪しさは中国や台湾に任せて
日本メーカーはなりを潜めてしまってます。

その辺のものはなかなか日本のコストでは
作ってられないということなのか、
アイデアが乏しくなってしまったのか。

今年は更に経済を反映してか、あまり遊びに通じる様な
アフターマーケット用品は無く
まじめなリペア用品やリビルト品、本格的なメンテナンス技術の
展示会になっていました。

ところで今年は素材や加工技術の展示会も同時開催され
変な物が展示されてました。
Dscn4759jpg_2 Dscn4761jpg Dscn4760jpg 至って
まじめに
京都大学の
ベンチャー
ビジネスラボの
出展でした。
竹かごの自動車。
これなら夏の暑い京都でも静かに走れそう。でも冬の寒さにはどうしようもないですけどね。
でも考えようによっては周りにきれいにすっぽりかぶせるカバーを冬場に付ければ全く問題なく乗れるのでしょうね。

Dscn4763jpg 実はものすごいいろんな種類の
竹かごの編み方を匠に使い分けているとのこと。
見事に伝統工芸を活かすことで
そのものの芸術性とある意味モノコック車体を
両立していました。
リアフェンダーのふくらみなんかは
かなり魅力的♪

コミューターとしての電気自動車って
安く楽しく乗れればまた面白いんじゃないですかね。
その方がきっと普及するでしょうし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

祝 200000km !!!

誕生日に続き、おめでたいこと。
日夜通勤、そして土日の買い物など
普段の足を支えてくれているがんばり屋さんのK11マーチ号。
Dscn4746 今朝の途上で
199991km。
見栄えが面白いので
やっぱり撮っておきたくなった。

今日の帰り道、
Dscn4747 とうとう来るべきとき
が来る直前。
かみさんを職場に迎えに行って
クルマを止めた時がちょうど
この距離数。

もともとかみさんのクルマだったK11マーチ号。
記念すべき瞬間はやっぱりかみさんも見れるようにと
仕組んだかの様なあと500mというところ。

で、
Dscn4748 3/4日20時45分、
とうとう200000kmです!
走行中ステアリングの
奥の写真を撮るのは
かなり危険なのでおすすめしませんが、
この瞬間は二度と来ないので
頑張って撮っちゃいました。

まだまだ調子良く走ってくれそうです。
これからもよろしくね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

43

ひな祭りの前夜祭が
実は誕生日だったりします。

43歳の扉を開きました。
と言っても扉は開きっぱなしで
否が応でも通らざるを得ないものか。

ここが道のりの半分なのか、
実はゴール間近なのかは
神とアガスティアの葉のみ知る。

就職してからエレキベースに入れ込み
ジャコ・パストリアスの肖像を読んだのは
もう15年以上前になるのか。
35歳で無くなった世界一のベーシストは
34歳の誕生日のとき
イエスキリストより長生きしていることを
悲しそうに語ったという。

ジャコより10年近く、チェ・ゲバラより5年近く
長くこの世に生きながらえさせてもらっている。

なんか、折り返し点なんて考えている暇があったら
やれることを一生懸命やれと彼らに言われた気がした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

チンク箱根ツーリング

Dscn4694曇り空でしたが、
いつもメンテのお世話をしてもらっている
ginjiさん主催のチンクツーリングに参加♪
目指すは箱根です。
仲間みんなは海老名SAに集合だったのですが、
自分は途中から合流。
じつはginjiさんの電話を受けた時は、家にいました。

Dscn4697 急いで行かなきゃと小田原厚木道路を西へ。
でも皆さんはこちらを走っていなかった
というのは後で解ったこと。
少し霧雨が降っていたのが気になりましたが
チンクで走る時は屋根は開けます♪

Dscn4700 小田原厚木道路終点ちょっと手前で
追いつきました。
箱根新道のPAで合流です。
今日はチンク7台とピアッツァ、パンダと
ginjiさんの5万円号。

Dscn4705箱根新道をひたすら登って
大観山出口から芦ノ湖へ。
山の上は葉っぱに少し
雪が残ってました。
だんだん寒くなっていきます。

箱根新道を下りて芦ノ湖へ...、
Dscn4710 のはずが反対側の
大観山の方へ。
富士見峠は少しの雪。
山の上の路面温度は
-2℃でございました。

Dscn4713 ちょうどここで
10101kmでした。
偶然です。
この駐車場から出ようとした所で
道路整備のクルマが走ってきました。

列の間に入ってしまったので
先に行ってもらうと、
Dscn4715 なんと融雪剤散布の
トラックでした。
ぱらぱらと車両後方の
散布機でまき散らしていきます。
ぱしぱしと白い粒が当たってくれます。

Dscn4718 芦ノ湖畔から湖尻の方に向けて
しばらく走って
今日の昼食ポイントうえ乃に到着。
芦ノ湖のワカサギ漁の網元とのこと
なので、お昼は、

Dscn4719 ワカサギ定食です。
フライと天ぷらが選べるということで
フライの方をいただきます。
さくさくといただきます。
湖ではつりの大会があったらしく
船がいっぱい出ていました。

Dscn4722 その後、大湧谷へ。
大湧谷に来るのも
ホント久しぶり。
多分中学以来なので
なんだかんだで25年以上前か!
時々近くは走っているんですけどね。

Dscn4733 Dscn4736 きちんと
クロタマゴを頂きます。
見えますかね。

駐車場から登る歩道にも
クロタマゴと。
サブリミナル効果狙い?
結構韓国人や中国人観光客が
来ているんですね。

Dscn4737 仙石原のすすきの原にて。
オフシーズンですが、
きれいですね。
野焼きの季節に来てみても
きっときれいなんでしょうね。

Dscn4739 138号線の途中で。
路肩にめり込んだ
レガシー。
調査中とのこと。
サスペンスの臭い?

Dscn4741 締めは湯本の日帰り温泉。

途中の渋滞を回避して
箱根新道で下ってきましたが
結構湯本って近いんですね。
ちなみにこれまで使っていた駐車場が有料になってしまいましたが、弥次喜多の湯の駐車場が広くなっていたかもしれない。
今度はそっちの駐車場を使うと2時間ただらしい。

ちょっとオイルが汚れていたのですが、
なんとか頑張って走ってくれました。
今度オイル交換するからね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

マーチ号エアフィルター回転

昼間ちょっと時間があったので、
洗っておいたK11用のK&Nに油を与えるついでに
今着いているK&Nもひっくり返すことにしました。

Dscn4675 右下から吸い込んで
中央のエアフローメーターに向けて
流出していく具合です。
よって四角いフィルターの下半分が
集中的に汚れます。

Dscn4676 ですのでひっくり返すだけで
何となくきれいになる。
しばらくはこれで大丈夫でしょう。
それにしても
上流側の黄色さ加減には参りますね。
下流側の汚れの少なさを目の当たりにすると
エアクリーナー様々です。

Dscn4677 この次は洗浄になるので、
そのとき用にスペアのK&Nに
油を与えておきます。
しばらく放置しておけば
十分拡散しますんでね。
下地の濾材が直に汚れてしまうと
取り返しがつかないので油はきちんと与えないと。

おかげで高回転まで気持ちよく回る気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »