« ワールドウォッチフェア | トップページ | チンクマガジン »

2008年8月25日 (月)

自動車税見直し?

今日のニュースで経産省が自動車税をCO2排出量基準で
見直すことを検討中とのこと。
ニュースはこちら

これにより小型車も軽自動車もCO2排出量ベースで税率が変わるとのことで
軽は税負担が多くなるので反発もあるのではないかということ。

いわゆる自動車税はその自動車そのものにかかるものなので
クルマからのCO2排出量というよりは、
例えば自動車を作るのにかかったCO2排出量として部品の数や
部品の大きさみたいなもので決める方が納得いくんじゃないかな?
そうすれば実用性のみを求めた質素なクルマは税負担軽くなるし。

直接のCO2排出に関係する税金は消費する
ガソリンや軽油の燃料費にかけてしまえばいいのに。
使って排出してしまった分を税として自動徴収。
国としてのCO2削減活動として植林や森林の整備、
代替エネルギーの研究開発への予算へと回す。

道路への負荷は重量税ということで、それは道路の整備にまわすと。

CO2では測りきれない贅沢料みたいなものは、
消費税で徴収すれば良いんだし。

とにかくクルマにはいろんな税金がかかるけど、
納得がいく形での徴収にしてもらいたい気はしますねぇ。
いつの間にか変な形で使われるのだけは勘弁してもらいたいですね。

なんてブログの片隅で書いていても始まらないんでしょうけど。

というあきらめがいけないのか...?

|

« ワールドウォッチフェア | トップページ | チンクマガジン »

コメント

同じ事を考えとりました~
「新開発のクルマは排ガスキレイでしょ?」
     ↓
「税金も安くなる、だから買いましょう」
って魂胆なんでしょうが・・・

肝心の生産過程のCO2排出(&燃料消費)の話は無し。
何だか都合の良い事ばかりに聞こえます。

それと・・・
個人的意見なんですが、幾ら環境に良いクルマを売っても、それを使うユーザーが「環境に優しい運転をしない」と、CO2やらが減る事は無いと思うんですよねぇ。
もっと個人レベルで考え方を変えないと、いけない気がします。

もっと国やメーカーにはその方の「教育?」にも力を入れて欲しいものです。

>なみぞぅ
教育は必要ですよねぇ。
啓蒙無しの免許、売りっぱなしは問題ですよね。

結局文化としてのクルマが定着しなかったということなんでしょうかね。

投稿: ginji | 2008年8月27日 (水) 01時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163618/42275550

この記事へのトラックバック一覧です: 自動車税見直し?:

« ワールドウォッチフェア | トップページ | チンクマガジン »