« チーマ号オイル交換('08.03) | トップページ | 久しぶりに「すべて」本 »

2008年3月31日 (月)

ガソリン値下げ

多くの人が記事にしているんだろうなぁ、この話題。

ま、週末にガソリンを満タンにしている自分には
しばらく関係ないことですけど。

でも福田さんの「暫定税率の復活」という発言は
誰も疑問を感じないのだろうか。
なんでいつまでも「暫定」という言葉を付け続けるのだろう。
むやみにガソリンを値下げするのは環境負荷を高めて
世界の流れに逆行するというのであれば、
環境税として「恒久」課税してしかるべき用途に
使えば良いじゃないですか。

ただでさえ戦略無き民間主導の迷走国家なのだから
この辺であるべき社会を打ち出し、
会社の利益にならないが社会の利益になる部分へ
環境税として徴収した二酸化炭素排出税を投資するような
政治判断を是非とも下して欲しい物です。
そういう形ならばガソリン税を道路財源以外の
用途に使っても私は納得しますよ。
だって環境負荷を高めているのは事実ですもん。
もちろん時代に即して税率は見直すようにするべきです。
一旦決めたらいつまでも税率を変えない制度の方が
おかしいですよ。

小沢さんも国民の選択が値下げを勝ち取った、
参院を民主党が取ったことによる勝利と言ってますが、
その後は国民が選択すれば良いという
他人任せの一言のおかげですべてぶち壊しですね。
その後もふまえた議論をしてもらうために
国民は期待して議員を選んだんだと思うんですけどねぇ。
ただわがままを言い続けて何も議論をしない人たちに
本当に血税からの賃金が支払われていることに
自分たちも疑問を感じないんですかね。
他力本願は庶民のための親鸞の教えと自分は思います。
政をする人の上に立つ身ならば、
庶民の生活と命を預かっている
という自覚を持ってもらわないと。
ま、情報社会の下では人に自分の行く末を委ね、
自分は自分の生業に突き進むような生き方は
できないのかもしれませんが。

参院第一党の代表ならば、「人任せ」と誤解されるような
一言は是非とも避けてほしかったと思います。

一部のテレビニュースを見ての印象なので
福田さん小沢さんの意図するところを
誤解しているかもしれませんのでその辺はご容赦を。

|

« チーマ号オイル交換('08.03) | トップページ | 久しぶりに「すべて」本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163618/40711165

この記事へのトラックバック一覧です: ガソリン値下げ:

« チーマ号オイル交換('08.03) | トップページ | 久しぶりに「すべて」本 »