« 春の陽だまりの冷や汗 | トップページ | お花見@相模三川公園 »

2008年3月28日 (金)

Empty Lamp

いやいや年度末の週末に
点いてしまいました、通勤K11チーマのFUELランプ。
しかも会社に着いたところで。

このご時世ですが、これは週末に向けて給油せざるを得ない。

25円下がるんですか?福田さん。
これは確かに庶民は混乱しますねぇ。

いつの間にか採られていた感のある暫定の道路特定財源。
道路建設に使って、造られた道路は料金所付き。
う〜んなんて良い国なんだろう。

本当に必要なら正直に集めれば良いのに。
環境対応していかなければ、今の生活の便利さは
身を滅ぼす方向にしかなりませんよというのは
皆うすうす知っていること。
知らせていないのは教育や政府公報の怠慢だと思う。
包み隠さず信念を持って生活を支えるために必要なお金なら
明確な手段で徴収するべきだと思う。
怪しい暫定税などではなく。

そういうことをきちんと論議してほしい、野党も。
ガキじゃないんだから国民の混乱を引き起こすことが
目に見えてきたような段階で、党利党略を全面に出すような
意地を張るのは勘弁してほしい。
そんな意地の張り合いに払われる給料が
税金から捻出されているかと思うと...う〜ん。

税金はなんでいつまでも段階制の徴税なのだろうか。
今の計算機の処理能力ならば段階を設けること無く
連続的な累進課税や扶養控除枠設定が可能だろうに。
紙で手計算する時代なら段階を設けた課税もやむ無しだろうけど。
そういった段階を設けるおかげで、適切に徴税できていないだろうし
国民の就労も変に制限を設けられているだろうし
何よりぬぐい去れない不公平感が必ずつきまとうと思う。

そういった段階的な思想って言うのは、信号もそうだろう。
交通量に依らず強制的に交通を遮断して、
どんな速度で移動したいかどうかなんて関係なく渋滞を強要する。
ま、今から日本にランナバウトを設けろとは言わないけど
欧米に較べて自主性に乏しい日本人の性格は
こういった社会環境の影響もあるんじゃないかな。

でも程々が一番ですけど。

発散しがちの記事になってしまいましたが、
結局42リットルを入れちゃいましたよ。
混乱に巻き込まれてガス欠になるのも嫌ですし。
本当に安くなるのかも不透明ですから。

良い顔ばかしの非課税、税率低減は将来への不安の増長だし
意地の張り合いしている人たちは不安が現実になった頃には
もうこの世にいないから気にしないんでしょうけど。

おっと、テレ東のニュース速報で話がそれてしまいました。

ともあれ、ガス欠間近のおかげで助かりました。
今日は先日青い交通安全のしおりをいただいた場所で
海老名警察がまたネズミ網張ってました。
海老名駅から北上する相模線沿いの田んぼの真ん中で
今日のは光学センサーだったらしく
何の警告もなりませんでしたが、
燃費走行のおかげで何事も無く助かりましたよ。

お花見代出せなくてごめんね。

|

« 春の陽だまりの冷や汗 | トップページ | お花見@相模三川公園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163618/40670410

この記事へのトラックバック一覧です: Empty Lamp:

« 春の陽だまりの冷や汗 | トップページ | お花見@相模三川公園 »