« チーマ号車検 | トップページ | はははは »

2007年9月30日 (日)

TV中継ってむずかしいのね

先日の二輪WGPに続き、今週はF1の中継。
日テレの地上波WGPに較べると、
さすがにフジテレビの力の入れ方は
すごいなと思わせる、時間延長の生中継。

雨の富士スピードウェイ、最初はどうなることかと思った
セーフティーカーに先導される展開。
でも終盤の2位争いはかなり面白かったなぁ。
雨でも果敢に限界に挑むプロフェッショナルを感じさせるライコネン。
そのプッシュを受けながらも順位を守り続けるコバライネン。
(二人ともそのまま変換するときちんと誤変換になるのがわかった)

でも番組の構成ってあらかじめ作られているんでしょうね。
最終ラップまでもつれたこの二人の2位争いよりも
ダントツで首位を淡々と走っているハミルトンを一周映像で追い、
アナウンサーがかつての古館伊知郎宜しく語り続ける。
そうしろって企画書に書いてあったんでしょうね。

今の世の中小画面を作るなんて簡単にできるでしょうから、
せめて語っててもいいから
熱い二位争いを中継しろよな!

と思う番組になっちゃっていたのが、
すっごく残念。
100Rの出口とかで果敢に挑戦し続けていたライコネンの姿とか
限界で抑え続けるコバライネンとか、
結果より見るより過程に魅せられたいのに!!!

でも、ハミルトンゴール直後に
6位を激しく争うマッサの映像に切り替えてくれる柔軟さで
魅せてくれた一面はもう
手放しで賞賛しますけど。

今年のテーマソングのフラッシュゴードンのテーマを
無理矢理使わなきゃならないという感じが
見え見えの終盤の番組構成も、
レース直後の熱い感じが残る状況では
かえって白々し過ぎて、気恥ずかしさを感じちゃいました。

生で見させてもらえるだけでも、
ありがたいものなんでしょうけど
変に演出しようとするのはもうそろそろ
考え直した方がいいのでは?

え、そういう映像見たければ
ケーブルテレビなりCSなり入れろってか...。
 

|

« チーマ号車検 | トップページ | はははは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163618/16618688

この記事へのトラックバック一覧です: TV中継ってむずかしいのね:

« チーマ号車検 | トップページ | はははは »