« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月29日 (日)

リバースランプスイッチ

土曜日夕方K11チーマ号のリバースランプスイッチを修理しました。

数週間前からギアをリバースに入れても
ランプが点かないことが時々有りました。
ちょっとシフトレバーを押すと点灯するので調整で直るかと思ったら、
ディーラーで見てもらったところ、スイッチ内部の接点が寿命とのこと。

部品を取り寄せてもらっての修理と言うことになったのですが、
ミッションオイルも抜けてしまうのでオイル交換も同時にすると。

ディーラーに持ち込み、預けて待つこと約1時間。
作業は無事終了でランプの点灯も直ったのですが、
併せてクラッチジャダーもちょっと良くなった気がする。
クラッチのミートポイントも普通になった様な気もする。
いろいろ分解して組み直しした結果か。

ってオイルが漏れる位置に着いているスイッチって
この前交換した中古ミッションに付いてたスイッチってことか?
そうすると前の人の方が激しくリバースを使ったのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月28日 (土)

HOPESTAR

バイクで遊んできた帰り道、
厚木のBOOK GARAGEに寄って雑誌を購入。

そのとき店内に一台素敵なクルマが有りました。
Dscn2167 Dscn2169 HOPESTAR。
軽4駆のハシリ。
ちょっと狭めの
梯子フレームの間に
搭載された小さなエンジン。
ホープ自動車最後の生産車、
そして技術と志はスズキに引き継がれた。
確かにクルマの作りはそのまま初代ジムニーかも。
フロントグリルの奥に見える強制冷却ファン。

Dscn2174 Dscn2168_2 時代を感じさせる
コクピット。
一応40km/h位で
自走できるとのこと。
現存2台のうちの1台だそうです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年7月27日 (金)

不誠実な...じゃ無かった不都合な真実

木曜日の夕方、訳有って元副大統領の演説映画を観ることが出来ました。
不格好な大蒜...じゃ無くて不都合な真実

いやぁアル・ゴアさん演説、プレゼンがとても上手。

でも何より彼が何故このテーマに取り組んだかがわかる映画でもありましたね。
元々理数系でこの辺の地球環境に触れていた背景を持つ彼が、
しかるべき地位、発言力を持った今、この問題をこのような形で
アメリカ国民に対して訴えるのは、アメリカ人ならば当然の行いなのかも。
その辺の責任感を持たせるアメリカの国民性は、
やはりディベートとプレゼンで育つことで身に付くのかもしれませんね。

日本人としては古来から自然を肌身で感じて、共生してきたはずなのですが
戦後その辺を大きく捨ててしまったのかもしれません。
いろいろな消費活動を見ていると、便利さの享受に伴う弊害に対する責任を
最も認識していないのが日本国民になっている様な気がします。
(おっとこのままだと中国に抜かれる日は近いですけど。)

近代文明=アメリカの歴史の利便性の下で生活する上では
縄文、弥生からの日本の歴史、モンゴロイドとして自然と共生してきた経験は
知識でしか無くなってしまうのかも。
文明を維持するためには今の知識と昔の知識を上手く融合しての知恵を出して
問題解決していかないと行けないのかな、
なんて考えさせられてしまった映画でしたねぇ。

日曜の選挙はアル・ゴアに一票投じたくなりましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月25日 (水)

巨大ひよこ

週末かみさんが九州に一人旅してきました。

お土産を買ってきてくれた中の一品。
Dscn2157 Dscn2158 ひよこ
ただし巨大。
脇に並べたのは普通の文庫本。
この大きさ有ります。
しまった、重さ測れば良かった。

Dscn2159 せっかくなのでゲンちゃんペアと記念撮影。
手に取った感じは、全く持って
普通のひよこと同じ。
ただし、皮の厚さはほとんど同じようなので
少し柔です。

Dscn2160 ということで、食べちゃいます。

子供の頃からいつも底を外して
中のあんを食べた後、
ひよこのかっこのままの皮をぱくついてた。

結局その食べ方をしてしまいましたが、
口の中の水分を全て吸い取られましたところで中断。
皮はそのままになっています。明日の朝食べよっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

オイル交換

そろそろエンジンがにぎやかになってきたかな
と思ったら、どうやら前回のオイル交換から4500km走っている。

ということでK11マーチ号のオイル交換を
いつものオイル屋さんに御願いしました。

今回も日産純正ストロングセーブX・Eスペシャル。
エステルベースのオイルで確かに燃費良くなっているような気がする。
何より静かだし。

Dscn2156 でもピットに入れるのに
クラッチがすぐつながる癖が有るので、
結構苦労してた。

で、交換した後はやはりちょっと静かになった。
(気がする)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

台風の爪痕

台風過ぎた後も
断続的に風と雨に見舞われた
神奈川県央の日曜日。

近所のコーヒー屋さんに買い物に行った時、
橋の上から見えたので近くに寄ってみました。
台風の増水の跡生々しい相模川河川敷。
そんなタイミングで、そこに足を踏み入れるのも
あまり好ましいことでは有りませんが。Dscn2132
中州に取り残され、
おそらくは増水した水で浮き上がり
横転したエスティマか?

とりあえず神奈川県下でニュースは特にないので
ただクルマだけが取り残されたんだと思いますが。

この中州、乗用車じゃあっという間に
増水した川で退路を断たれたんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

こまねこ

DVDねたを続けちゃいます。

かなりいけてます。

かみさんがどこかで知って
絶対気に入るからって
amazonで注文。

届いて早速見てみると
動き、風合い、BGMに感動。
コマ撮りの大変さにご苦労様ということ
以上の何かに心動かされ、ちょっとウルッとしたりして。

絵のアニメーションがコンピューター上で
昔より簡単に作れるようになった今、
この人形コマ撮りアニメーションは
作る大変さの最後の砦なのかもしれませんね。

映像の中の小道具、特に8mmカメラや映写機、
小道具さんの思い入れなのかとても良く作られていて
そんな気配りもうれしい作品です。

続編というか、

こちらにも
ものすごーく期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビリー その1

台風近づく土曜日ですが、
今朝いきなり強烈な目覚めでございました。

かみさんが借りてきたDVD。

ビリーさんです。
エレキベースを弾く身としては、
このビリーさんより先に話題にするべき
ビリーさんがいるのですが...。

朝起き抜け、シャワーを浴びる前にと
いきなりこのDVDを流し始めて
身体を動かし始めたのですが、
皆さんハマるのがなんだかわかりました。

いかにもアメリカと言う感じのかけ声、
これがなかなかいいタイミングで有って
調子に乗ってこちらも声を出しながらやったりして。

言い出しっぺのかみさんは、
その様を見てちょっと引いてました。

結局約55分通してしまい、汗だく。
最後にストレッチとクールダウン兼ねて
深呼吸をするところなんて、ある種ちょっと過激な
ラジオ体操なのかなと思ったりして。

日頃運動不足を感じる身としては、
意外といいかもしれないなんて思う自分が
ちょっと悲しい...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月12日 (木)

踏切

出張の帰り、とても順調に同乗の上司の家の近くまで。
ところがあと1kmを切ったところでO田急の踏切。

まぁいつものことだからしょうがないかと停まっていると、
...
上りが行く、
...
下りが行く、
...
...
下りが行く、
まぁO田急だし...、え、開かない?
...
下りが行く、
...
おいおい、同じ方向に3本かよ...
もしかして雨降ってダイヤ乱れてたまってた電車掃いているのかな、
...
上りが行く、
う〜ん隣駅を出た急行がいいタイミングになっちゃったんだね...
...
...まだ開かない、
...
上りが行く、
おいおい、勘弁してくれよ特急かよ、
...
...
上りが更に行く、
隣駅で通過待ちしてたやつまで踏切そのままかい、
...
下りが行く、
...
はぁ...、
...
上りが更に行く。
やっと消えた。

かんべんしてくれよ、O田急さんよぉ。
結局もう一息のところで約10分待ち。
数経路の鉄道がまとまっている踏切ならまだしも
小田急さんだけですぜ、その踏切。
ちょっと開けてくれるだけで、待っている人の印象、
イライラはかなり解消されるのに、なんで開けないかね。

上記の...のタイミングで
踏切開けて、
おおよそ3台のクルマをやり過ごして、
普通に踏切を閉じるだけの時間は十分有ります。

公共交通の名の下、鉄道の法の下で保護されている
権力の横暴ではないかと感じましたねぇ。
他の交通を遮断する権利を有するものとして
是非とも全ての人、物の流れをスムーズにすることに、
O田急電鉄も責任を感じてほしいですねぇ。

今はもう高架になってしまいましたが、
千葉のK成船橋駅前の踏切を仕切っていた駅員さん(?)の
融通を利かせた踏切さばきの見事さを改めて思い出し、
爪のあかを煎じて飲ませたくなりましたけど、
人がいないおかげで融通が利かないシステムなんでしょうかね、
O田急さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 8日 (日)

祝 Nuova 500 !!

私としたことが...
チンクネタでブログを立ち上げておきながら
4日も経過してしまった。

遅ればせながら祝500復活。

とそのサイトを見ていたらとても気になった
アバルトのニュルブルクリンクでの走行ビデオ。

どうやらスパイビデオのようなのだが、こんなのまで
fiat500.comからリンクが張られてしまうのは、
したたかと言うのか、何も考えていないのか...。
でも小気味よい排気音と勇ましいリアのブリュスターフェンダー。
結構いけてます。

 

さらにリンクを見てたらこんなのも。
電気自動車化されたチンク。
高出力モーターの磁気音、回生の音すらも
演出として受け入れられそうなのはやっぱり車体のせい?
(単にあばたもえくぼなだけか...)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月)

タイヤ痕

日曜日、銀座に出かけた時の一こま。
Dscn2108
誰だ、ソニービルを汚したのは。
と思ったらDUALISの宣伝。

でもかなり高い位置に吊ってあるので
交差点の向こうからでないと
その全貌がわからないようである。

数寄屋橋側からカメラを構えていたら
周りの一部の人も気づいたらしく
カメラを構えて撮っていた。

Dscn2109
きっと夜になってライトアップされたら
かなり楽しめるディスプレイかも。

とはいえ、タイヤ痕だけでは、
クルマとなかなかつながらない。
もしかしてロボットとクルマを逆にしたら
もっと注目されたかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 1日 (日)

赤色灯

ちょっと間が空いてしまいましたね。
鬱陶しい空の土曜日、ちょっと会社のイベントに参加して
寄り道した帰り道のこと。

国道246号線と129号線が交わる金田の交差点で
自分の前にパトカーがいました。
129号旧道から右折し246号渋谷方面に合流するとき、
夕方6時過ぎの246相模大橋は渋滞中。

もちろん皆さん極普通に1台ずつ合流車を受け入れてくれます。

前のパトカーも右のウィンカーを付けて合流...
とそのとき突如回り出す赤色灯。

といってサイレンが鳴るわけでもなく、
取り締まりのため道を譲って下さいという合図ではないらしい。
合流が終ったら普通に赤色灯は消灯。

って赤色灯ってそういう時に回していいんでしたっけ?

別に前にいてくれる分には問題ないですからねパトカー。
後ろにいるととにかくイヤですけど。
だから別に前に入られる分にはいくらでも譲ると思うんですけど、
なんで威圧的な赤色灯をあえて回したんでしょうね。
その白黒の車体だけでも十分わかりますのに。

そういうことされると、やっぱり小市民は
「ごくろうさま〜」ではなく、
「はいはい...」になってしまいますよ。

まぁ些細なことですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »