« 隔世の感 | トップページ | 月光浴したいけど... »

2006年10月 6日 (金)

さよならラピタ

あらかじめ書いておきますが、私の考えを押し付けるつもりはありません。
こんな風に受け取る人間もいるんだなという程度で読んで下さい。

定期購読していたラピタに別れを告げることにした。

ラピタとの付き合いは3年程前から。
自分は団塊の世代ではないが、多少近いせいか
そのへんの世代の好みをとらえた記事は楽しめた。

でもここ一年くらいで熱が冷めたのか、
記事をとても押し付けがましく思うようになってしまった。
多分に自分自身がのめり込むものを
見つけてしまったからかもしれない。

のめり込むきっかけを与えてくれたひとつが
広範にいろいろ取り上げてくれたラピタではあっただろう。
浅く広くゆえのめり込んだ自分には疎ましい存在になったのかも。

昔同じように別れた雑誌がある。Be-Palだ。
学生時代に自転車やバイクでのキャンプを楽しむうえで
とてもいい参考書になった。
でも自分の世界を見つけて行った時に、
やはり押し付けがましさを感じて購読をやめた。

対して購読を続けたのがField & Stream(現在日本版は休刊)。
こうでなければ、ではなく、こういうスタイルもある
という記事の中に一本通る筋があった気がする。
肥大化して行くブームのアウトドアに警鐘を鳴らして休刊となった。
とても惜しい雑誌を無くしたと思った。

改めて出版社を見るとラピタもBe-Palも小学館だなぁ。
別に恨みがあるわけじゃないんだけど...たまたまですよ。

|

« 隔世の感 | トップページ | 月光浴したいけど... »

コメント

はじめまして。
ソニーマガジン社からの貴重な雑誌でしたね。私も思い入れが深く、BLOGのタイトルにしてしまいました。
ラピタかあ。なるほど。よくわかります。
好きな雑誌はそう多くは無いもの。見つけたときは嬉しく楽しみなものですが、なぜかいつも間にか浮気をしてしまったりが私の常でした。でも FIELD & STREAM は違いましたね。休刊になるのを心のそこから哀しんだ一人でした。又遊びに来ます。

>なみぞぅ
こちらこそはじめましてisshyさん。
コメントありがとうございます。
商業主義に捕われないいい雑誌だったので、本当に惜しいです。アウトドアという言葉が自分の中で輝きを失ったのがちょうどその頃。決して歳をとったことだけが理由じゃない気がします。
これからも宜しくお願いします。

投稿: isshy | 2007年1月27日 (土) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163618/12178670

この記事へのトラックバック一覧です: さよならラピタ:

« 隔世の感 | トップページ | 月光浴したいけど... »