« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月30日 (火)

あと499日...らしい

Fiattrepiuno3 FIAT TREPIUNO のホームページが開設されてます。
www.fiat500.com
いろいろ遊べそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月21日 (日)

パリ紀行〜若干車編〜

二輪のブログの方にも書いてますが、出張でパリに行ってきました。

Dscn0330 エッフェル塔前の公園と陸軍学校の間の道を走り去るチンクです。(ズームし過ぎで画像が悪いですが)きちんと流れに乗って走ってました。

観光地だろうとなんだろうと路上駐車の列が路肩を占めています。というか端っこは駐車帯なんですね、きっと。
Dscn0345_1 皆さんとても縦列駐車が上手です。
って本当にこのスマート出れるのかな?
でも皆さん多少当たることは当たり前と言うか、当ててこれ以上は進めないことを確認していると言うか、当てて隙間をより空けようとすると言うか、とにかくこんな景色が至る所で見られます。

Dscn0329 こうやって見るとティーノって意外と欧州に溶け込めているかも。もう日本では生産中止になって久しいですが、向こうではまだ作っているんですよね、確か。
こういう石畳の路面もあり、市街地の交通は急加減速の連続、郊外では全開の高速連続走行、それを普通の人が普通に生活する上で日常的にやっていないといけないので、欧州車って「走る」「曲がる」「止まる」そして「乗り心地」とすべて鍛えられてしまうのがわかります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

Cars

Dscn0297 連休最後はあいにくの荒天でしたので家でこれからの映画予告等を眺めてました。

DisneyのCars、見てみるとなんとチンクが出ているではありませんか。(日本版ではまだ準備中ですが、本国のページにはきちんと紹介されてます。500Dですね。)

ディズニーの車物と言うと"Susie the Little Blue Coupe"(邦題 青い自動車)があります。幼少期に絵本をぼろぼろになるまで読んでたそうです。おかげで今の自分が居るんだろうなと思います。
アメリカ人の車とのつきあい方を目の当たりにするこの歳になって、改めて絵本に描かれていた世界がわかりました。
もう一つディズニーの車ものだと"Herbie Fully Loaded"(邦題 ハービー 機械じかけのキューピッド)もありますねぇ。

これもアメリカ人の車との接し方を垣間見れる物だと思いますよ。邦題の付け方からしてちょっと操作されている感がありますけど、米国版のTrailerそのままだとNASCARの位置づけがわからないのでそうせざるを得なかったんでしょうかね。

ちなみに絵本の青い自動車は絶版で今再版を求める署名活動中ですが、どうもアメリカディズニーDVDの"The Love Bug"のおまけで収録されているようです。ハービー関連の映画がすべてDVDになっているのもうらやましいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自動車税

単車の方のブログばかり更新しているのでこちらの更新がおろそかになってます。どちらかというと単車の方が手がかかるので...。

で5月です。自動車税の案内が来ました。
内容を見て「あれ?いつもと違う」と思ったら逆グリーン税がかかっていたんです。しかもチンクではなくK11, サニトラの方に。どうやら国内登録はK11とサニトラの方がチンクより先だったようです。

環境負荷への取り組み、
既に手遅れかもしれませんが、地球で生きていくためには必要なのでしょうね。確かに同じ大きさの最近の車たちと比較すると燃費は悪いですからね。そう考えていくとやっぱり炭素税の方が納得のいく税金の掛け方かも。走り方や使い方も反映されますし。

そうすると、渋滞を野放しにしているお役所からは還付を受けないと納得いかなくなりますねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »