2017年4月23日 (日)

イタリアが自由を取り戻した日

出張でイタリアなのですが、
なんと仕事上の節目が近い来週の月曜火曜と
仕事の相手先が休み。

その理由は火曜日4月25日がイタリアの終戦記念日で、
「解放記念日」としてお祝いの日とのこと。

日本の終戦記念日 8月15日はお盆でもあり、
大概夏休み期間なので休日というわけでもないが
休んでいたりしますけど、
「祝」日という感じの日ではなく黙とうをささげる厳かな一日。

そんな終戦記念日をずーっと思っていた自分にとって、
解放記念日としてお祝いしてしまうのは
さすがラテンの血、と最初思ったのですが、
とんでもない誤解でした。

私が不勉強なだけでしょうけど、
子供のころから歴史の教科書で第二次世界大戦の枢軸国
三国同盟を日独伊で結んで、連合国と対抗した。

その一国であるイタリアなので、
終戦の日は敗戦の日でもあるはずなのに、
お祝いをする背景としては

三国同盟としてナチスと手を結んでいたのは
ファシスト政権であって、国民のほとんどは反政府勢力で
実質占拠していたナチスドイツに対して
抵抗をしていたとのこと。

なので南から徐々にドイツ軍の占領から解放していった
アメリカ軍に対して友好的で、
終戦の日はファシスト政権が倒れ、
国民が自由を取り戻した解放の日でお祝い。

という歴史があるとのこと。

そのさなかでは反政府の国民が一人ナチスを傷つけると
10倍、100倍返しの仕打ちを受けていたり
イタリア人同士がファシスト側と反ファシスト側で傷つけあった
悲しい歴史もあったそうだ。

という話を出張先のイタリア人から聞いて
すごく自分のイタリア感が変わり、
彼らの自由気ままの「自由」の意味がすごく重く思えた。

期せずしてクルマ業界の中でも日独伊の三国は大きな存在。
数ではイタリアは決して大きくないけど、
自動車という人間社会の中でも意味の大きいものに
イタリアがもたらしてきた思想、思いを改めて感じた。
そして戦前戦中からのトッポリーノ、戦後のチンクェチェントが
そんな思いをずーっと受け継ぎ、
今の新しいチンクェチェントにもつながっている気がした。

思わず素敵な出張になってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 2日 (日)

音声認識?

土曜日の朝、お札を出されて
「細かいのある(komakainoaru)?」
と聞かれた言葉が
「この赤いのある(konoakainoaru)?」
と聞こえて
「え?(オーストラリアじゃないし...)」
と答えに詰まりムッとされたw

人間の音の認識って微小な時間変化も聞き取って、
聞き取れなかった情報を補完しながら
解釈しているのだろうなと感じた土曜朝だった。

子音の立ち上がりと余韻をできないと
言葉の認識に障害が出るんだろうなぁ。
なので、ただゆっくりしゃべってもこの子音認識をしてもらわないと、
母音の連続になって余計わけわかんなくなるのかも。
滑舌の良さとか聞き取りやすいしゃべり方もこれだったりするのかな。
音声認識とか聴覚障害対応の音声プロセッシングの中では
あたりまえの技術なのかもしれないけど。

フランス語の音声認識とかって大変そう...w

音楽に対してもこの時間差認識ってあるんだろうな。
同じ演奏しているつもりでもほんの少しのズレが心地良さに繋がったり、
それがツボにはまらないのでいい感じに聞こえなかったり、
いい感じで倍音が響く楽器だとやっぱりよく聴こえたり。
電子楽器でもこの微小な時間のズレを
たまたま(意図せず)作られた回路が創り出せると
代え難い楽器になるんだろうな。

またAIには創れない世界を見出した気がした。

あ、それを聴く側が感性を失うと意味ない世界だけどwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月28日 (火)

指先

久しぶりの投稿ですが、

ちょっと真面目な感じで。
昔一緒に仕事をした人と久しぶりに電話で話した時の話題で
とある会社の製品作りに関わり、
その会社の生産部門の方が監査に来た時の話。
作業者の女性の指先の肌荒れを指摘し
肌荒れを防止するよう対策を依頼したとのこと。
しかも、期間限定で肌荒れ対策を入れると言ったら
恒久的に行うようにと追加の依頼もされたと。
皮膚は機械では真似できないほど繊細に
製品の状況を感じとるセンサであり
そこが荒れている状態での製品づくりでは
品質を損なう恐れがあるからということらしい。
すごい視点だと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 5日 (日)

ブレードグライダー

土曜午後

銀座4丁目に復活した日産のショールームへ。
Img_4590
こんなものが展示されていました。
BladeGlider
電気っていうことで
それを前面に出しながら
車体の形の理由が
今ひとつついてこない。
なんとなくフロントのトレッドの小ささは
2012年のル・マン ガレージ56の
デルタウィングを意識しているような気もするが。
デルタウィングについては
日産との縁を切る話が出た時に、残念な想いと
その車体がもたらしたかもしれない未来に
少し希望を綴ったのですが、
本当に化石燃料のエネルギー密度の高さを活かして
最小限の上面投影面積、
三角形の車体だからできる空力
それがもたらす燃費の良さ
容積効率まで考えて最適なパワートレーンとしての
ダウンサイジング内燃機との組み合わせ。
なんて世界を切り開いたら面白いだろうな
と思っていたのですが。
なので、このブレードグライダーというものが
電気である理由がよくわからない。
デルタウィングというよりは
2014年にル・マン24時間レースを24分だけ走った
ZEODのイメージなんでしょうかね。
将来の高効率バッテリーの容積効率
なんてことをイメージしているのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日)

マーチ号定期点検

寒さ残る日曜日。
マーチ号の6ヶ月点検です。

前の点検時にサスからのオイル漏れ指摘があったのですが、その後何もやっていないのでもれてます。

と思ったらパワステホースからも、オイルが滲んでいるらしい。
エンマンが切れているのを直す予定なので、
それと併せて修理しよう。

サスはまだNISMOのショックが出るので
それを注文だ!

クラッチも寿命が近いらしい。
それも交換だ!

まだ30万キロまで距離がある。
頑張れマーチ号!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

«あけましておめでとうございます2017